第48回九州詩人祭熊本大会のお知らせ

熊本県詩人会の主催、熊本県文化協会の共催で、第48回九州詩人祭熊本大会が開催されます。大会プログラムはアイルランド伝統音楽の演奏、文学講演会、九州の詩人たちによる朗読会です。6年ぶりの熊本大会。一般の方の参加もお待ちしています。熊本アイルランド協会はこの大会を後援しています。

  • 名称:第48回九州詩人祭熊本大会
  • 日時:2018年10月27日(土) 13時00分から17時00分まで
  • 場所:ネストホテル熊本(熊本市中央区辛島町4-39、096-312-1616)
  • プログラム
    • 12:00 受付・開場
    • 13:00 開会・アイルランド伝統音楽の演奏(バンド「キョールトリ」)
    • 13:30 第1部 文学講演会 「ハーンとアイルランドの詩人たち」(西川盛雄氏)
    • 15:50 第2部 九州の詩人たちによる朗読会(各県代表による自作詩の朗読)
    • 17:00 閉会
  • 参加費:1,000円(事前申込みは不要です。当日会場へお越しください。)

お問い合わせは本馬(080-3957-0117)まで。


文学講演会「ハーンとアイルランドの詩人たち」

《講師からのメッセージ》

ハーンは、母親はギリシャ人、父親はアイルランド系イギリス人。ギリシャには神話があり、アイルランドには妖精が息づいている。周囲には命の源である水(海)がある。アイルランドにはケルトの伝統があり、妖精、精霊、土着の神々など超自然の存在が身近にある。国としては悲哀の道をたどった。

詩魂の伝承と語り(朗読)はケルトの人々にこそふさわしい。ここではアイルランド文芸復興に関わり、ハーンとも交流のあった詩人W.B.イェイツやJ.ジョイス、O.ワイルド、J.M.シング、S.ヒーニーなどに触れてみたい。

《プロフィール》西川盛雄氏

1943年5月、神戸市生まれ、熊本大学客員・名誉教授。詩誌『アンブロシア』所属。熊本八雲会代表。詩集『半月』『ことづて』。歌集『魚歌喪失』『風の行方』。対訳『小泉八雲作品抄』(共著)。短歌英訳『グランドゼロの歌』。


アイルランド伝統音楽の演奏

《プロフィール》バンド「キョールトリ」

「キョールトリ」とは、ゲール語で「音楽家」という意味。楽譜が発明される遥か昔から口伝で受け継がれてきたアイルランドの伝統音楽。これに惹かれた仲間が自然と集まりはや十数年、地道にコツコツ楽しんでいます。

《演奏曲》

アイルランド伝統音楽は、よくダンスの伴奏として使われます。ジグやリールといった軽快なリズム曲に、ゆったりとしたエアー曲を加えて演奏します。

第48回九州詩人祭熊本大会

第48回九州詩人祭熊本大会

「ジェーンズの会」の講演会のお知らせ

ジェーンズの会が次の講演を開講いたします。

  • 日時:2017年5月14日(日) 14時00分~
  • 場所:熊本市青年会館(熊本市中央区出水2-7-1)
  • 演題1:「ハーンが高く評価した浮田和民」熊本大学名誉教授 西川盛雄氏
  • 演題2:「国際派として活躍した辻豊吉」ジェーンズの会役員 古江睦明氏
  • 受講料:無料
  • 問い合わせ:本田憲之助 090-8582-9773

山田太一講演会「ハーンのことなど」 開催のお知らせ(終了)

山田太一講演会「ハーンのことなど」は終了しました。

熊本アイルランド協会と熊本八雲会の主催で、ハーン作品の朗読と山田太一氏の講演会を開催いたします。
脚本家等の顔をもつ山田太一氏は『日本の面影~ラフカディオ・ハーンの世界』の著作でも知られ、本作品は1984年にテレビドラマ化されています。参加申し込みは不要ですので、皆様お誘いあわせの上お越しください。

山田太一 講演会ハーンのことなど

山田太一 講演会ハーンのことなど


山田太一 講演会ハーンのことなど

山田太一 講演会ハーンのことなど

  • 日時:2016年6月26日(日)
      プログラム

      • 13:00・・・・・・・・・開場・受付
      • 13:30~13:50・・・ハーンにちなんだ作品の朗読(「石蕗の花」様)
      • 14:00~15:30・・・山田太一 講演
      • 16:00・・・・・・・・・閉演
  • 場所
  • 講師
  • 入場無料
    • 資料代として500円ご協力ください。
  • お問い合わせ
    • 096-362-6651(西川)

小泉八雲来熊120年記念 講演会とシンポジウム 清和文楽公演のお知らせ

熊本スピリッツ発信協議会、小泉八雲来熊120年記念事業実行委員会、熊本大学の主催で、講演会とシンポジウム、清和文楽公演が開催されます。

本年は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)来熊120年で熊本においても記念すべき年にあたります。この機にハーン曾孫の小泉凡先生、ハーン研究家の池田雅之先生をお招きしてハーン顕彰のための記念の講演会とシンポジウムを開き、熊本県の無形重要文化財清和文楽の「雪女」の公演とハーンの愛したアイルランド音楽の公演も予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

なお、当協会は本イベントを後援しております。また、当日開催を予定していた市民講座「アイルランド音楽の世界」は本イベントの「ハーンの愛したアイルランド音楽」に代えさせていただきます。

本イベントは文化庁文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業の補助対象事業です。

  • イベント名 小泉八雲来熊120年記念 講演会とシンポジウム 清和文楽公演
  • 主催 熊本スピリッツ発信協議会 小泉八雲来熊120年記念事業実行委員会 熊本大学
  • 日時 2011年11月26日(土) 13時00分~17時00分
  • 会場 熊本大学工学部百周年記念館
  • プログラム
    • 13時00分 開会の辞
    • 13時05分
      • 基調講演 『ハーンと熊本 -丸山学の民俗学とハーン-』
      • 講師 小泉凡氏(島根県立大学教授 ハーン曾孫)
    • 14時00分
    • 14時30分 休憩
    • 14時45分
      • ハーンシンポジウム 『ハーン来熊120年(これまでとこれから)-ハーンの多面性の底流にあるもの-』
      • パネリスト
      • コメンテイター
        • 小泉凡氏
      • 司会
    • 16時10分
      • 熊本県指定重要無形文化財・清和文楽 『雪女』公演
    • 17時00分 閉会の辞
  • 入場無料

 

小泉八雲来熊120年記念

小泉八雲来熊120年記念

熊本アイルランド協会事務局

ハーン来熊120年記念特別講演会と八雲の「怪談」朗読会のお知らせ

熊本八雲会の主催で、ハーン来熊120年記念特別講演会が開催されます。

今回の東日本大震災の爪痕は大きく、あらゆるものの復興が現在の緊急課題になっています。大津波(海嘯)は多くの人の命や町村をのみ込み、地震や津波への備えの大切さを私たちに教えてくれました。ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は作品「生神様」(A Living God)の中で、かつて和歌山県を襲った大津波の事を描き、後世に伝えています。これは今年度(平成23年)の小学校の教科書に掲載されています。熊本八雲会は、このような中で防災の専門家による今般の震災についての話とハーン作品にみる防災文学について作品の朗読も交えて特別講演会を開催いたします。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

なお、当協会は本イベントを後援しております。

  • イベント名 ハーン来熊120年記念特別講演会
  • 主催 熊本八雲会
  • 日時 2011年9月25日(日) 13時30分~
  • 会場 熊本市立図書館ホール2階(熊本市大江6-1-74、096-363-4522)
  • 講演
    • 『ハーン作品に学ぶ防災の心』 吉村郁也氏(熊本県警察本部警備部長・警視正)
    • 『ハーン作品「生神様」を中心に』 アラン・ローゼン氏(元熊本大学教授)
  • 入場無料

 

  • イベント名 八雲の「怪談」朗読会
  • 日時 2011年9月25日(日) 19時00分~20時30分
  • 会場 小泉八雲熊本旧居
  • 朗読
    • 幽霊瀧の伝説
    • 魔女など
  • 主催 小泉八雲熊本旧居保存会
  • 協力 熊本朗読研究会
  • 入館料 200円

詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

ハーン来熊120年記念特別講演会

ハーン来熊120年記念特別講演会

熊本アイルランド協会事務局