2020年(第22期)市民講座のお知らせ

 1891(明治24)年五高に英語教師として来熊し、当時の青年に多大の影響を与えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通して熊本とアイルランドは深い関係にあります。
当協会は関係各界の協力を得て1998(平成10)年以来「ハーンと熊本」、父の祖国である「アイルランドの社会と文化」などの市民講座をこれまで21期(115回)にわたり開催してきました。
 2020(令和2)年・第22期の市民講座は年間テーマを『アイルランドの記憶の玉手箱』として、以下の通り開催いたします。 この市民講座はケルトの心と日本人の心との快い共鳴の場です。 どうぞ来て楽しんでいただければ幸いです。 沢山のご参加をお待ちしています。

年間テーマ『アイルランドの記憶の玉手箱』
 アイルランドの記憶の玉手箱を開いてみましょう。まずは地形の記憶の風景が見えます。高い山はあリません。急流を思わせる大河もありません。湖はありますが規模は小さいです。ドラムリンという低い丘陵の地形がうねるように続いています。元々イングランドとは陸続きであったのが氷河が溶けて現在の地形になりました。この記憶の玉手箱には哀しみの十字架が見えます。アイルランドの人を含むケルト人は元々ヨーロッパから入った遊牧民でした。彼らは政治的にまとまった「国家」を形成することはなかった。それゆえローマ帝国やゲルマン民族との戦いに敗れ、彼らの支配下に入った。12世紀のヘンリー二世の侵攻、17世紀のクロムウェルの大破壊、19世紀のジャガイモの大飢饉などがありました。
 しかしこの玉手箱にはアイルランドの人々の「芸術・文化」の金字塔が多く見られます。8世紀のケルズの書は世界一美しい書物。近代のS.ベケット、S.B.イェイツ、S.ヒーニーなどノーベル賞作家・詩人が多くいます。リバーダンスや現代音楽のエンヤもここに付記しておきましょう。
 この市民講座ではケルト(アイルランド)の人たちの記憶の玉手箱に光を当てます。それは同時にアイルランド人を父親としてもつラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の心に少しでも近づくことになります。熊本に三年住み、名作を多く遺してくれたハーンです。彼の熊本における顕彰の意味を込めてアイルランドのことを想い出すことは大切なことであるに違いありません。

なお、どなたでも受講でき、受講料は無料ですが、会場により参加費(飲み物とお菓子代)や入館料が必要です。詳細は当協会事務局までお問い合わせください。

日程演題講師会場等
5/30(土)
14:00-
アイルランドとイングランド西川盛雄氏
熊本大学名誉教授
※1
6/27(土)
14:00-
アイルランド音楽の魅力本間康夫氏
崇城大学名誉教授 他
※1
8/22(土)
14:00-
アイルランドにおける水の信仰高木朝子氏
熊本高専准教授
※1
9/19(土)
14:00-
八雲のヒストリア=音楽と朗読=鮎川久雄氏
熊本八雲会副会長 他
※1
10/17(土)
14:00-
ドルイドとハーンの宗教観坂本弘敏氏
小泉八雲熊本旧居館長
※2
12/5(土)
14:00-
ハーン作品の朗読斉藤幸子氏 他
石蕗(つわぶき)の花の会
※1
開講時間はいずれも90分
※1お菓子の香梅帯山店ドゥ・アート・スペース 参加費200円(飲み物とお菓子代)
※2小泉八雲熊本旧居 当面の間入館料は無料

協力団体:熊本八雲会・小泉八雲熊本旧居保存会・熊本大学小泉八雲研究会・五高記念館友の会・熊本市教育委員会(順不同)

イベント「HAIKUを楽しもう! ~HAIKU is two lines~」のお知らせ

俳句はいく世界最短せかいさいたん定型詩ていけいしとしていま世界中せかいじゅうあいされつつある人気にんき日本文化にほんぶんかです。講師こうしは、「俳句大学はいくだいがく」をげ、インターネットをとおして世界中せかいじゅうからあつまった俳句はいく講評こうひょうをされている永田先生ながたせんせい(当協会理事とうきょうかいりじ)です。あなたのおもいのままつくった俳句はいく最後さいご作品さくひんつくりましょう!

  • 日時にちじ:2020ねん1がつ19にち(にち) 10:00-12:00
  • 場所ばしょ:熊本市国際交流会館くまもとしこくさいこうりゅうかいかん 2階交流かいこうりゅうラウンジ
  • 定員ていいん:10めい(要予約ようよやく 先着順せんちゃくじゅん)
  • 対象たいしょう:英語えいご日本語にほんごはなせる外国人がいこくじん
  • 参加費さんかひ:無料むりょう
  • 持参品じさんひん:筆記用具ひっきようぐ

わせとご予約よやく熊本市国際交流会館くまもとしこくさいこうりゅうかいかん(熊本市中央区花畑町くまもとしちゅうおうくはなばたちょう4-18、096-359-2121、pj-nfo@kumamoto-if.or.jp)まで。

Haiku is a very short form of Japanese poetry. This Japanese culture is loved all over the world today. You may wonder how we express out thought with just few words. This is the depth of Haiku and one of interesting things.
The instructor is Professor Nagata who launched “Haiku University”. He has given feedback about each Haiku that was gathered from all over the world through the internet.
He would give some tips how to create Haiku for you! Please feel free to Write anything that you feel, think and like!

  • Date and time:January 19, 2020 (Sun) 10am-12pm
  • Place:Kumamoto City International Center 2F lounge
  • Capacity:10 People (Required reservation, First come first served basis
  • Eligible Applicant:Foreigners who can speak English or Japanese
  • Entry fee:Free
  • Bringing items:Writing utensils
  • Contact:Kumamoto City International Center, 4-18 Hanabata-cho, Chuo-ku, Kumamoto-shi, 096-359-2121, pj-nfo@kumamoto-if.or.jp
HAIKUを楽しもう!
HAIKUを楽しもう!
Why don't you join us!
Why don’t you join us!

シンポジウム「華文俳句の可能性」のお知らせ

中国語圏における俳句の受容と実践に関する比較文学的研究の一環として、 ラウンドテーブル 「華文俳句の可能性」が熊本大学で開催されます。

  • 日時 2019年12月14日(土) 14時00分~16時30分
  • 会場 熊本大学 くすの木会館レセプションルーム(黒髪北キャンパス)
  • 参加費 無料(事前申し込みは必要ありません)
  • 第1部 特別講演(14:00~14:50)
  • 第2部 パネルディスカッション(15:00~16:30)
    • タイトル 華文二行俳句の展開
    • 全体司会 呉衛峰(東北公益文科大学教授)
    • パネリスト
      • 華文二行俳句とは何か 呉衛峰
      • 華文俳句社における華文二行俳句の実践 洪郁芬(台湾華文俳句社主宰)
      • 『華文俳句選』を読む 西槇偉

お問い合わせは熊本大学大学院人文社会科学教育部 西槇偉(096-344-2111、内線2457)まで。

市民講座「ハーン作品朗読」のお知らせ(終了)

市民講座「ハーン作品朗読」は終了しました。ご聴講くださり誠にありがとうございます。

「ハーン作品朗読」と題し、石蕗の花代表 斉藤幸子氏による市民講座を開講いたします。受講申し込みは不要ですので、お気軽にお越しください。


1部 アイルランドの詩人たち―故郷・愛と別れ
文字を持たなかったケルトの人々は、自然を愛しふるさとを愛し、物語を言葉で伝えました。やがてキリスト教が入り若い宣教師たちによってアイルランドの詩人たちは、心を揺さぶるような詩歌の数々を世に送り出しています。
魂からの詩をご一緒に声に出して、読んでみませんか。
イェイツ、オスカーワールド他の5作品を朗読します。

2部 万葉の昔からの贈り物
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が大好きな物語
浦島物語(日本語と英語の浦島太郎)

市民講座「ハーン作品朗読」
市民講座「ハーン作品朗読」

ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」のお知らせ

熊本八雲会と熊本アイルランド協会の主催で、ハーン渡米150年記念「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」と題し、ハーン顕彰事業が開催されます。講演とライブ演奏で辿るハーン心の旅をお楽しみください。

ラフカディオ・ハーンがヨーロッパからアメリカに渡ったのは1869年の初夏のころでした。今年はそれから150年目の節目の年にあたります。本年のハーン顕彰事業は、第1部ではハーンとアメリカ、そして日本(熊本)との繋がりについて、熊本在住のハーン研究者アラン・ローゼン氏にアメリカ人の立場で語っていただきます。そして第2部ではローゼン氏の友人、ジェフ・ケアンズ氏と彼のミュージシャングループ・ジェカプロ(JECAPRO)による洋楽器と和楽器を取り入れた新鮮な演奏で、ハーンが辿ったであろう西洋から東洋への心の旅をご体感ください。

チケットは熊本アイルランド協会(事務局:お菓子の香梅本社)にもございます。お電話(096-366-5151)でお問い合わせください。

ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」
ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」

【講師:アラン・ローゼン氏のプロフィール】
米国ニュージャージー州出身。1967年ペンシルベニア大学英文科卒業。ブリン・マー大学(PhD)修了。イギリス文学(ミルトン)の研究を行う。熊本にあってラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の研究を行い、陶芸にも明るい。現在 (熊本大学五高記念館客員教授。熊本八雲会会員。

【演奏:ジェカプロ(JECAPRO)のプロフィール】
【ジェフ・峯曙・ケアンズ(尺八)】
トロント(カナダ)生まれ、日本の伝統的な琴古流、2005年に尺八師範を取得。幅広く芸術的な日本の古典音楽に加えて現代音楽のジャンルを演奏している。大震災支援のチャリティ活動にも心を用い、質が高く多様な都市文化を生み出すコミュニティプロジェクト(Street Art-plex)にも参加している。
【柏原 英彦(フラメンコ・ギター)】
ジェフの音楽グループ・ジェカプロ(JECAPRO)の主力メンバー。フラメンコ・ギターの奏者として活躍中。
【志娥 慶香(ピアノ)】
バークリー音楽大学映画音楽作曲科を首席卒業。映画音楽作曲の他、新聞の新作映画評など執筆活動も手掛ける。2016年より毎年フィンランドにてソロ公演。第41回信友社賞受賞。
【古荘 昇龍(ウッドベース)】
ピアノ調律師&ジャズベーシスト。調律・演奏ともに優れ、全国に出かけている。音楽への愛情とジャズ的教養の深さに裏付けられた演奏には定評がある。
【西田 義伸(ドラム)】
豊かな音楽センスの持ち主で、現代音楽のバンド(トリオ・セガール)のドラム担当演奏家として活躍中のミュージシャン。