講演会「ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか」のお知らせ

注目

ジェーンズの会主催、熊本市共催で、講演会「ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか」が開催されます。
ジェーンズは与えられた通訳を断って、生徒に英語を徹底的に教えます。その成功のお陰で授業は一切日本語を使わず英語だけで5年間行いました。生徒たちは輸入された英書を読んで勉強し、英語で考え英語で話しました。卒業後も多くの生徒がアメリカの大学に留学して学問を追求しました。英語の壁を乗り越える奇跡はどのようにして起こったのでしょうか。

  • 日時:2019年3月24日(日) 14時00分-17時00分
  • 場所:熊本市立図書館ホール(熊本市中央区大江6-1-74)
  • 演題:ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか
  • 講師:福田昇八(熊本大学名誉教授)、ジュリ米岡(熊本学園大学教授)
  • 問い合わせ先:ジェーンズの会事務局 090-8582-9773 096-385-2645 kenhonda*jcom.zaq.ne.jp(*を@に変更して送信してください)

講演会終了後に懇親会(水前寺公園で花見)も予定しています。

講演会「Lafcadio Hearn: Homeless Writer, Orphan Writings?」のお知らせ

熊本大学文学部附属 漱石・八雲教育研究センターで、公開講演会が開催されます。お気軽にご参加ください。

  • 日にち:2019年2月27日(水)
  • 講演会:13時00分-14時00分
  • ディスカッション:14時00分-14時30分
  • 会場:熊本大学グローバル教育カレッジ(黒髪北地区)交流ラウンジ(熊本市中央区黒髪2-40-1)
  • 題目:「Lafcadio Hearn:Homeless Writer, Orphan Writings?」
  • 講師:Prof. Dr. Mary Gallagher (University College Dublin, School of Languages, Cultures and Linguistics)
  • 使用言語:英語(ディスカッションのみ必要に応じて通訳有り)
  • 対象:どなたでも(事前申し込み不要)
  • 費用:無料
  • 主催:熊本大学文学部附属 漱石・八雲教育研究センター・熊本大学グローバル教育カレッジ
  • 問い合わせ先:irosmat*kumamoto-u.ac.jp(*を@に変更して送信してください)
  • リンク:当イベント情報当イベントリーフレット

多文化共生月間イベントのお知らせ

 一般財団法人熊本市国際交流振興事業団では、毎年2月を多文化共生月間と位置づけ、パネル展やセミナーを通して、多文化共生社会を構築する意義について理解を深めてもらうため、様々なイベントが開催されています。
 パネル展「多文化共生社会のすがた」では、熊本県内の多文化共生の実情や、在住外国人による書道と俳句の作品も展示され、当協会理事の永田満徳氏が俳句づくりに協力しています。
 外国人のみなさんに、外国人の作った作品を例題にやさしい日本語でゆっくり解説し、それでも難しい時にはサポーターの通訳を入れ、参加者全員がりっぱな俳句を作ることができました。中には初めてとは思えない作品も。どうぞご鑑賞ください。

多文化共生月間

多文化共生月間

熊本博物館リニューアル 特別講演会「小泉八雲と熊本」のお知らせ

熊本博物館ではリニューアルにともない「生と死の断片」に書かれている小泉八雲が見たトンボの造り物をイメージした展示をしました。そこで、小泉八雲は熊本で何を見て、何を感じたのか、講演会を通して考え、展示を深く楽しんでみませんか?

お問い合わせは熊本博物館(096-324-3500)まで。

「ソフィア・キプルスカヤ ハープ演奏会」のお知らせ(終了)

「ソフィア・キプルスカヤ ハープ演奏会」は終了しました。ご来場くださりありがとうございます。

株式会社古今伝授の間香梅の主催で、ソフィア・キプルスカヤ(Sofia Kiprskaya)のハープ演奏会を開催されます。数々の国際コンクールを制しマリインスキー劇場の首席奏者に抜擢。指揮者ヴァレリー・ゲルギエフが愛でるサンクトペテルブルクの琴姫、初来日です。当協会は当イベントに協力しています。

  • 日 時:2018年11月22日(木) 16時00分開場 16時30分開演
  • 場 所:古今伝授の間(水前寺成趣園内)
  • 参加費:4,000円(消費税込、小学生以下無料、飲み物・軽食付き)
  • プログラム 魅惑のハープ音楽名作選
    • マックスウェル 引き潮
    • スメタナ モルダウ
    • ドビュッシー 2つの前奏曲
    • ラモー ジプシーの女 ほか

数々の国際コンクールで優勝して注目を集め、2011年にマリインスキー歌劇場管弦楽団の首席ハープ奏者に就任。ハープが極めて大事な役割を果たすロシア音楽をレパートリーの中心とする同歌劇場のオーケストラにとって優れたハーピストを有することは極めて重要で、指揮者ヴァレリー・ゲルギエフが一目ぼれしての抜擢になりました。2013年にはカーネギーホールでリサイタルデビューを果たすなど、ソリストとしても活躍しており、初来日では大きな注目を集めることでしょう。

プロフィール ソフィア・キプルスカヤ(ハープ) Sofia Kiprskaya, Harpist
1991年ロシア生まれ。5歳でハープを学び始め、サンクトペテルブルクのリムスキー・コルサコフ音楽院にてアンナ・マカロヴァに師事する。プラハ音楽院やブリュッセル王立音楽院の名ハーピストでハープ界の女王とも呼ばれるヤナ・ボウシュコヴァーのもとでも研鑚を積んだ。若くして数々の国際コンクールにて優勝・入賞を繰り返し、2003年フェリックス・ゲーデフロイドコンクールにて優勝、2005年リリー・ラスキーヌ国際準優勝、2007年ドイツ・フランツ・ヨセフ・レイニル財団コンクール優勝並びに審査委員長賞、2007年フランス・マルティーヌ・ジュリオコンクール優勝、2008年モスクワ・ヴェラ・ドゥローヴァコンクール準優勝、2009年サンクトペテルブルク・ゴールデン・ハープ国際コンクールにて優勝を果たす。これらの功績がサンクトペテルブルク・マリインスキー歌劇場音楽監督ヴァレリー・ゲルギエフの目に留まり、2011年に同歌劇場管弦楽団の首席ハーピストに抜擢された。