カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ

八雲忌について(更新)

小泉八雲熊本旧居では、例年小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850-1904)の命日である9月26日に「八雲忌」を開催していますが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止いたします。しかしながら、当日は19時に八雲を偲んで来館された皆様と一緒に黙とうをささげたいと思います。

当日は16時30分に閉館したのちに、18時30分から19時30分まで臨時開館します。ぜひお越しください。

  • 日時:2020年9月26日(土) 19時00分~ (開館:18時30分)
  • 場所:小泉八雲熊本旧居(熊本市中央区安政町2-6、096-354-7842)
  • 主催:小泉八雲熊本旧居保存会(事務局:熊本市文化振興課)、熊本市
  • 内容:追悼の黙とう(朗読はありません)
  • 費用:無料
  • 備考:駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。当日は18時30分から19時30分まで臨時開館しています。
  • リンク:熊本市ホームページ「八雲忌と特別展示について

また、当日の9月26日(土)18時30分から11月1日(日)まで、八雲の絶筆となった手紙の写真(実物の手紙は戦災で焼失)を特別公開します。心臓発作で亡くなる数時間前に書かれた手紙をぜひご覧ください。

お問い合わせは小泉八雲熊本旧居保存会(事務局:熊本市文化振興課096-328-2039)まで。

カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

2020年(第22期)市民講座のお知らせ

 1891(明治24)年五高に英語教師として来熊し、当時の青年に多大の影響を与えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通して熊本とアイルランドは深い関係にあります。
当協会は関係各界の協力を得て1998(平成10)年以来「ハーンと熊本」、父の祖国である「アイルランドの社会と文化」などの市民講座をこれまで21期(115回)にわたり開催してきました。
 2020(令和2)年・第22期の市民講座は年間テーマを『アイルランドの記憶の玉手箱』として、以下の通り開催いたします。 この市民講座はケルトの心と日本人の心との快い共鳴の場です。 どうぞ来て楽しんでいただければ幸いです。 沢山のご参加をお待ちしています。

年間テーマ『アイルランドの記憶の玉手箱』
 アイルランドの記憶の玉手箱を開いてみましょう。まずは地形の記憶の風景が見えます。高い山はあリません。急流を思わせる大河もありません。湖はありますが規模は小さいです。ドラムリンという低い丘陵の地形がうねるように続いています。元々イングランドとは陸続きであったのが氷河が溶けて現在の地形になりました。この記憶の玉手箱には哀しみの十字架が見えます。アイルランドの人を含むケルト人は元々ヨーロッパから入った遊牧民でした。彼らは政治的にまとまった「国家」を形成することはなかった。それゆえローマ帝国やゲルマン民族との戦いに敗れ、彼らの支配下に入った。12世紀のヘンリー二世の侵攻、17世紀のクロムウェルの大破壊、19世紀のジャガイモの大飢饉などがありました。
 しかしこの玉手箱にはアイルランドの人々の「芸術・文化」の金字塔が多く見られます。8世紀のケルズの書は世界一美しい書物。近代のS.ベケット、S.B.イェイツ、S.ヒーニーなどノーベル賞作家・詩人が多くいます。リバーダンスや現代音楽のエンヤもここに付記しておきましょう。
 この市民講座ではケルト(アイルランド)の人たちの記憶の玉手箱に光を当てます。それは同時にアイルランド人を父親としてもつラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の心に少しでも近づくことになります。熊本に三年住み、名作を多く遺してくれたハーンです。彼の熊本における顕彰の意味を込めてアイルランドのことを想い出すことは大切なことであるに違いありません。

なお、どなたでも受講でき、受講料は無料ですが、会場により参加費(飲み物とお菓子代)や入館料が必要です。詳細は当協会事務局までお問い合わせください。

日程演題講師会場等
[中止]
5/30
(土)
[中止]
アイルランドと
イングランド
[中止]
西川盛雄氏
熊本大学名誉教授
[中止]
※1
[中止]
6/27
(土)
[中止]
アイルランド音楽の魅力
[中止]
本間康夫氏
崇城大学名誉教授 他
[中止]
※1
[中止]
8/22
(土)
[中止]
アイルランドにおける
水の信仰
[中止]
高木朝子氏
熊本高専准教授
[中止]
※1
[中止]
9/19
(土)
[中止]
八雲のヒストリア
=音楽と朗読=
[中止]
鮎川久雄氏
熊本八雲会副会長 他
[中止]
※1
[中止]
10/17
(土)
[中止]
ドルイドとハーンの
宗教観
[中止]
坂本弘敏氏
小泉八雲熊本旧居館長
[中止]
※2
12/5
(土)
ハーン作品の朗読斉藤幸子氏 他
石蕗(つわぶき)の花の会
※1
開講時間はいずれも14:00~15:30の90分
※1お菓子の香梅帯山店ドゥ・アート・スペース
受講料無料、飲み物とお菓子代200円
※2小泉八雲熊本旧居
受講料無料、当面の間入館料は無料

協力団体:熊本八雲会・小泉八雲熊本旧居保存会・熊本大学小泉八雲研究会・五高記念館友の会・熊本市教育委員会(順不同)

カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ

ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」のお知らせ

熊本八雲会と熊本アイルランド協会の主催で、ハーン渡米150年記念「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」と題し、ハーン顕彰事業が開催されます。講演とライブ演奏で辿るハーン心の旅をお楽しみください。

ラフカディオ・ハーンがヨーロッパからアメリカに渡ったのは1869年の初夏のころでした。今年はそれから150年目の節目の年にあたります。本年のハーン顕彰事業は、第1部ではハーンとアメリカ、そして日本(熊本)との繋がりについて、熊本在住のハーン研究者アラン・ローゼン氏にアメリカ人の立場で語っていただきます。そして第2部ではローゼン氏の友人、ジェフ・ケアンズ氏と彼のミュージシャングループ・ジェカプロ(JECAPRO)による洋楽器と和楽器を取り入れた新鮮な演奏で、ハーンが辿ったであろう西洋から東洋への心の旅をご体感ください。

チケットは熊本アイルランド協会(事務局:お菓子の香梅本社)にもございます。お電話(096-366-5151)でお問い合わせください。

ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」
ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」

【講師:アラン・ローゼン氏のプロフィール】
米国ニュージャージー州出身。1967年ペンシルベニア大学英文科卒業。ブリン・マー大学(PhD)修了。イギリス文学(ミルトン)の研究を行う。熊本にあってラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の研究を行い、陶芸にも明るい。現在 (熊本大学五高記念館客員教授。熊本八雲会会員。

【演奏:ジェカプロ(JECAPRO)のプロフィール】
【ジェフ・峯曙・ケアンズ(尺八)】
トロント(カナダ)生まれ、日本の伝統的な琴古流、2005年に尺八師範を取得。幅広く芸術的な日本の古典音楽に加えて現代音楽のジャンルを演奏している。大震災支援のチャリティ活動にも心を用い、質が高く多様な都市文化を生み出すコミュニティプロジェクト(Street Art-plex)にも参加している。
【柏原 英彦(フラメンコ・ギター)】
ジェフの音楽グループ・ジェカプロ(JECAPRO)の主力メンバー。フラメンコ・ギターの奏者として活躍中。
【志娥 慶香(ピアノ)】
バークリー音楽大学映画音楽作曲科を首席卒業。映画音楽作曲の他、新聞の新作映画評など執筆活動も手掛ける。2016年より毎年フィンランドにてソロ公演。第41回信友社賞受賞。
【古荘 昇龍(ウッドベース)】
ピアノ調律師&ジャズベーシスト。調律・演奏ともに優れ、全国に出かけている。音楽への愛情とジャズ的教養の深さに裏付けられた演奏には定評がある。
【西田 義伸(ドラム)】
豊かな音楽センスの持ち主で、現代音楽のバンド(トリオ・セガール)のドラム担当演奏家として活躍中のミュージシャン。

カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ

八雲忌(小泉八雲作品朗読)のお知らせ

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850-1904)を偲び、9月26日(木)に「八雲忌」が開催されます。八雲忌では、毎年小泉八雲の作品の朗読会を行っており、今年は小泉八雲熊本旧居で開催されます。ぜひ、この機会に小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の作品に触れてみませんか。

  • 日時:2019年9月26日(木) 19時00分~20時30分 (開場:18時30分)
  • 場所:小泉八雲熊本旧居(熊本市中央区安政町2-6、096-354-7842)
  • 主催:小泉八雲熊本旧居保存会(事務局:熊本市文化振興課)、熊本市
  • 内容:小泉八雲作品(怪談)の朗読(以下順不同)
    • 猫を描いた少年
    • 水飴を買う女
    • 雪女(抜粋)
    • 雪女(英語版)
    • 若返りの泉
    • おしどり
    • お貞のはなし
  • 朗読:熊本朗読研究会
  • 費用:無料(申込不要、先着70名程度)
  • 備考:駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
  • リンク:熊本市ホームページ「令和元年度「八雲忌」を開催します
  • リンク:熊本市ホームページ「【報道資料】令和元年度「八雲忌」を開催します!

お問い合わせは小泉八雲熊本旧居保存会(事務局:熊本市文化振興課096-328-2039)まで。

カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ

ハーン読書会・トークの会「『耳なし芳一のはなし』を原文(英文)で読む」のお知らせ

熊本八雲会の主催で、「『耳なし芳一のはなし』を原文(英文)で読む」と題し、ハーン読書会・トークの会が開催されます。

ハーン作品、とくに『怪談』の世界をアメリカ人の先生とともに原文で読んでみるということ、今回は「耳なし芳一のはなし」です。原文のリズム、躍動感など、内容解説とともに翻訳とはまた違った本来のハーン作品の味わい方があると思います。

3月末はやや暖かくなっていると思います。皆様ぜひお越しください。

  • 日時:2019年3月31日(日) 14時00分~15時30分
  • 場所:小泉八雲熊本旧居(096-354-7842, 熊本市中央区安政町2-6)
  • 演題:『耳なし芳一のはなし』を原文(英文)で読む
  • 講師:本田憲之助氏(熊本八雲会、ジェーンズの会会員)、パトリック・ベンケ氏(九州ルーテル学院大学准教授)
  • 費用:入館料・受講料ともに無料

お問い合わせは熊本八雲会096-362-6651、または本田憲之助氏096-385-2645、kenhonda*jcom.zaq.ne.jp(*を@に変更して送信してください)まで。