カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ

市民講座・関連行事のお知らせ

イベントの詳細は主催者へご確認願います。

カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ

里山美術展 野外ライブのお知らせ

アイルランド伝統音楽を中心に活動しているアイリッシュ・クリーム(熊本)とオットリーズ(長崎)が、里山美術展 野外ライブに出演します。是非お越しください。

  • イベント名 里山美術展 野外ライブ
  • 日時 2024年5月4日(土)10時00分~、5日(日)10時00分~
  • 会場 熊本県和水町 肥後民家村 野外ステージ
  • 内容 アコースティック&ポップスのライブ
  • 説明 熊本市、山鹿市、福岡県、長崎県で活動中のアーティストによる演奏です。春の日差しの中、のんびりとお弁当でも広げながらゆったりとお過ごしください。開催中(5/1-5)の美術作品の鑑賞もおすすめ。
  • 入場無料
  • 雨天中止
里山美術展 野外ライブ
カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

第1回市民講座「アイリッシュ音楽の旅」のお知らせ

「アイリッシュ音楽の旅」と題し、アイリッシュ・クリームとキョールトリの皆さんによる市民講座を開講いたします。受講申し込みは不要ですので、お気軽にお越しください。

なお、今回の市民講座は13時00分より開始します。いつもの14時00分開始ではございませんので、ご留意ください。

年間テーマ:「旅する心優しきアイルランドの人々」にちなみ、世界各地に広がるアイリッシュ音楽の旅をお楽しみください。ケルト音楽は、ケルト語圏のアイルランド、スコットランド、ウェールズ、ブルターニュ(フランス)、ガリシア(スペイン)などの地域で多様に受け継がれている音楽です。また、アイリッシュやスコティッシュが何百万人も移民したアメリカ東海岸やカナダ東部などにもケルト音楽が定着、発展しています。その他の国々でも独自に発展を続け今も広く演奏されています。現代のロック音楽は、アメリカのカントリー・ミュージックから強い影響を受けていますが、カントリー・ミュージックもルーツをたどればブリテン島やアイルランドの音楽であり、現代のポピュラー音楽の源泉であるともいえます。

 今回の講座ではイングランド、スコットランド、フランス、スウェーデン、フィンランド、アメリカ、カナダ、及び現代のアイルランドへと続くアイリッシュ・ケルト系音楽、そして明治から現代に至るまで日本の音楽文化に影響を与えたアイリッシュ・ミュージックを、演奏を交えてご紹介します。

  • 日時:2024年5月25日(土)13時00分~14時30分
  • 会場:お菓子の香梅帯山店ドゥ・アート・スペース(熊本市中央区帯山7-6-84) (最寄りのバス停:帯山四丁目)
  • 交通アクセス1 桜町バスターミナル15番のりば→帯山四丁目(2024年3月29日現在)
    • 熊本都市バス 系統G1-4,G1-5,G1-6 保田窪四ツ角、日赤病院、長嶺小学校、免許センター方面
    • 12:06発 12:28着
    • 12:15発 12:37着
  • 交通アクセス2 熊本駅前06番のりば→帯山四丁目(2024年3月29日現在)
    • 熊本都市バス 系統G1-6 大学病院、大江渡鹿、日赤病院、 長嶺小学校方面
    • 12:07発 12:30着
  • 講師:本間康夫氏(崇城大学名誉教授)
  • 出演:アイリッシュ・クリームとキョールトリの皆さん
  • 演題:アイリッシュ音楽の旅
  • 申込:不要ですので、お気軽にお越しください
  • 受講料:無料(飲み物とお菓子の提供はございません)
  • お問い合わせ:当協会事務局 096-366-5151
  • チラシ
市民講座「現代に息づくアイルランド伝統音楽の魅力」

カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

2024年(第26期)市民講座のお知らせ

 1891(明治24)年五高に英語教師として来熊し、当時の青年に多大な影響を与えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通して、熊本とアイルランドは深い関係にあります。
当協会は関係各界の協力を得て1998(平成10)年以来「ハーンと熊本」、父の祖国である「アイルランドの社会と文化」などの市民講座をこれまで24期にわたり開催してきました。
 2024(令和6)年・第26期の市民講座は年間テーマを「旅する心優しきアイルランドの人々』として、以下の通り開催します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

年間テーマ「旅する心優しきアイルランドの人々」

 ラフカディオ・ハーンの父方のルーツはケルト(アイルランド)の民人であった。この民族のルーツはヨーロッパの臍(へそ)とも言うべき現在のオーストリア、ザルツブルク近郊の山中にあった。そして彼らは此処から西に向かって壮大な旅(移動)に出ていくのである。
 ケルトの民は旅する民であった。ボへミアンとも言われ、貧しくも力強い「流浪の民」であった。途上で出会ったラテン(ローマ)の軍勢に百戦百敗してイベリア半島に逃れ、遂に海を越えて北上し、ブリトン島(現在のイギリス)の周縁部にたどり着いた。現在のスコットランド、ウェールズ、アイルランドである。

 旅する民は組織的な戦や国家形成・維持などは苦手であった。しかし芸術を生み出し、これを伝承していく文化力はすぐれていた。この心は詩や歌に託され、絵や踊りを演劇に結実して今日に伝えられている。
 ハーンはその血を受け継いでいたと思われる。美しい散文は誌的で、民族の魂が込められた民話や説話や諺などへの愛着は大きかった。私たちの知る『怪談』や『骨董』はこの心から生み出されたものであった。
 この市民講座では、熊本に約三年間いたハーンの心に繋がってアイルランドの心を皆様とともに楽しみたいと思います。皆様ぜひお越しください。

団体で受講される方は事前に当協会事務局までご連絡ください。

日時演題講師
5/25(土)
13:00~
アイリッシュ音楽の旅本間康夫氏
アイリッシュ・クリーム
キョールトリ
6/29(土)
14:00~
流浪の民=ケルト民族=西川盛雄氏
熊本大学名誉教授
7/6(土)
14:00~
アイルランド妖精の旅高木朝子氏
熊本高専准教授
8/3(土)
14:00~
Irish Spirit八幡雅彦氏
別府大学短期大学部名誉教授
10/26(土)
14:00~
未定池田志郎氏
英米文学研究者
12/7(土)
14:00~
アイルランドの音楽と朗読斎藤幸子氏他
石蕗(つわぶき)の花代表
2024年(第26期) 市民講座一覧表

協力団体:熊本八雲会・小泉八雲熊本旧居保存会(順不同)

カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ

高森サクラミチコンサートのお知らせ

大阿蘇造園が植えた10種類以上、1万本以上の桜をほこる「サクラミチ」で開催される「高森サクラミチ キッチンカーフェス」にあわせ、4月6日(土)に「高森サクラミチコンサート」が開催されます。

アイルランド伝統音楽を中心に熊本で活動しているアイリッシュ・クリームが同コンサートに出演します。ぜひご来場ください。

  • 日時 2024年04月06日(土) 11時00分~14時00分
  • 場所 サクラミチ(熊本県阿蘇郡高森町上色見814-2)
  • 費用 駐車場代(応援募金)のみ、入場・観覧無料
  • 出演予定
    • 11時00分~ 後藤亮子 & Red Cow Boys
    • 11時30分~ 田口真二
    • 12時00分~ ソング・ポスト
    • 12時30分~ 遠嶋和之
    • 13時00分~ オークションブリッジ
    • 13時30分~ アイリッシュ・クリーム
  • 雨天時はコンサートのみ中止
高森サクラミチ コンサート
高森サクラミチ コンサート
カテゴリー
4 イベント 4-1 セント・パトリックス・デイ・パレード

第18回 熊本2024 セント・パトリックス・デイ・パレードのお知らせ

第18回 熊本2024 セント・パトリックス・デイ・パレードに参加してくださいました皆様、本当にありがとうございます。また来年お会いしましょう。

  • 末尾にSNSの記事を追記しています
  • 3月14日(木)熊本日日新聞12面(県内総合)に記事が掲載されました
  • 3月23日(土)~29日(金)にJ:COMチャンネル熊本の「ジモトトピックス(熊本)」でパレードの様子を取り上げていただきました

第18回 熊本2024 セント・パトリックス・デイ・パレードを3月9日(土)に開催いたします。どなたでも参加できますので、アイルランドのシンボルカラーである「緑」を身につけ、熊本市中心部のアーケード街を一緒に歩きませんか。パレードの後は交流会や、セッション(有志主催)も計画されています。詳しくは次をご覧ください。

パレードウェブページ
パレードチラシ(PDF)

コース新市街下通新市街 (両アーケードを往復)
集合場所セブンイレブン熊本新市街店つかさ新市街店
集合時間2024年3月9日(土)14時00分
開始時間2024年3月9日(土)14時30分
参加費用無料

交流会

日時2024年3月9日(土)16時00分~18時00分
会場Garden Cafe & Bar CRAIC(クラック)
会費4,000円

セッション(有志主催)

日時2024年3月9日(土)18時30分~
会場IRISH PUB CELTS(ケルツ) 熊本下通り店
会費飲食代のみ(各自ご注文ください)

お問い合わせ 096-366-5151 当協会事務局(お菓子の香梅内)

追記1 アイルランド大使館 Ireland in Japan X(Twitter)

https://twitter.com/IrishEmbJapan/status/1760847685525872686

追記2 道の駅 清和文楽邑 (清和文楽館・清和物産館) Facebook

追記3 熊本日日新聞 2024年3月14日(木) 12面 県内総合