ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」のお知らせ

熊本八雲会と熊本アイルランド協会の主催で、ハーン渡米150年記念「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」と題し、ハーン顕彰事業が開催されます。講演とライブ演奏で辿るハーン心の旅をお楽しみください。

ラフカディオ・ハーンがヨーロッパからアメリカに渡ったのは1869年の初夏のころでした。今年はそれから150年目の節目の年にあたります。本年のハーン顕彰事業は、第1部ではハーンとアメリカ、そして日本(熊本)との繋がりについて、熊本在住のハーン研究者アラン・ローゼン氏にアメリカ人の立場で語っていただきます。そして第2部ではローゼン氏の友人、ジェフ・ケアンズ氏と彼のミュージシャングループ・ジェカプロ(JECAPRO)による洋楽器と和楽器を取り入れた新鮮な演奏で、ハーンが辿ったであろう西洋から東洋への心の旅をご体感ください。

チケットは熊本アイルランド協会(事務局:お菓子の香梅本社)にもございます。お電話(096-366-5151)でお問い合わせください。

ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」
ハーン顕彰事業「アメリカへやって来たラフカディオ・ハーン」

【講師:アラン・ローゼン氏のプロフィール】
米国ニュージャージー州出身。1967年ペンシルベニア大学英文科卒業。ブリン・マー大学(PhD)修了。イギリス文学(ミルトン)の研究を行う。熊本にあってラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の研究を行い、陶芸にも明るい。現在 (熊本大学五高記念館客員教授。熊本八雲会会員。

【演奏:ジェカプロ(JECAPRO)のプロフィール】
【ジェフ・峯曙・ケアンズ(尺八)】
トロント(カナダ)生まれ、日本の伝統的な琴古流、2005年に尺八師範を取得。幅広く芸術的な日本の古典音楽に加えて現代音楽のジャンルを演奏している。大震災支援のチャリティ活動にも心を用い、質が高く多様な都市文化を生み出すコミュニティプロジェクト(Street Art-plex)にも参加している。
【柏原 英彦(フラメンコ・ギター)】
ジェフの音楽グループ・ジェカプロ(JECAPRO)の主力メンバー。フラメンコ・ギターの奏者として活躍中。
【志娥 慶香(ピアノ)】
バークリー音楽大学映画音楽作曲科を首席卒業。映画音楽作曲の他、新聞の新作映画評など執筆活動も手掛ける。2016年より毎年フィンランドにてソロ公演。第41回信友社賞受賞。
【古荘 昇龍(ウッドベース)】
ピアノ調律師&ジャズベーシスト。調律・演奏ともに優れ、全国に出かけている。音楽への愛情とジャズ的教養の深さに裏付けられた演奏には定評がある。
【西田 義伸(ドラム)】
豊かな音楽センスの持ち主で、現代音楽のバンド(トリオ・セガール)のドラム担当演奏家として活躍中のミュージシャン。

講演会「輝いていた古城の熊本洋学校 そしてジェーンズの教え子達」のお知らせ

ジェーンズの会主催、熊本市共催で、ジェーンズ没後110年記念講演会「輝いていた古城の熊本洋学校 そしてジェーンズの教え子達」が開催されます。
古城に築かれた洋学校は、ガラス張りで遠くからも輝いて見えました。南北戦争を戦ったジェーンズは、日本の文明開化の先導者として熊本で奮闘し多くの教え子達が明治日本の建設者として名を馳せました。

  • 日時:2019年8月17日(土) 14時00分(受付13時00分、総会13時30分)
  • 場所:熊本市立図書館大ホール(熊本市中央区大江6-1-74)
  • 演題:輝いていた古城の熊本洋学校 そしてジェーンズの教え子達
  • 講師:黒田孔太郎(元ジェーンズ邸館長)
  • 問い合わせ先:ジェーンズの会事務局 本田憲之助 kenhonda*jcom.zaq.ne.jp(*を@に変更して送信してください) 090-8582-9773

講演会「ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか」のお知らせ

ジェーンズの会主催、熊本市共催で、講演会「ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか」が開催されます。
ジェーンズは与えられた通訳を断って、生徒に英語を徹底的に教えます。その成功のお陰で授業は一切日本語を使わず英語だけで5年間行いました。生徒たちは輸入された英書を読んで勉強し、英語で考え英語で話しました。卒業後も多くの生徒がアメリカの大学に留学して学問を追求しました。英語の壁を乗り越える奇跡はどのようにして起こったのでしょうか。

  • 日時:2019年3月24日(日) 14時00分-17時00分
  • 場所:熊本市立図書館ホール(熊本市中央区大江6-1-74)
  • 演題:ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか
  • 講師:福田昇八(熊本大学名誉教授)、ジュリ米岡(熊本学園大学教授)
  • 問い合わせ先:ジェーンズの会事務局 090-8582-9773 096-385-2645 kenhonda*jcom.zaq.ne.jp(*を@に変更して送信してください)

講演会終了後に懇親会(水前寺公園で花見)も予定しています。

熊本博物館リニューアル 特別講演会「小泉八雲と熊本」のお知らせ

熊本博物館ではリニューアルにともない「生と死の断片」に書かれている小泉八雲が見たトンボの造り物をイメージした展示をしました。そこで、小泉八雲は熊本で何を見て、何を感じたのか、講演会を通して考え、展示を深く楽しんでみませんか?

お問い合わせは熊本博物館(096-324-3500)まで。

アン・バリントン駐日アイルランド大使 講演(Ireland:Past and Present)のお知らせ

アン・バリントン駐日アイルランド大使の講演は終了いたしました。ご聴講くださった皆様に心より感謝申し上げます。

3月10日開催の「第12回 熊本2018 セント・パトリックス・デイ・パレード」に合わせ、アイルランド大使館特命全権大使アン・バリントン閣下(H.E. Ms. Anne Barrington, Ambassador of Ireland)が来熊され、パレードの前に講演をしていただくことになりました。
受講は無料ですが、事前に入場チケットをお申し込みください。皆様のご来場をお待ちしております。

  • 日時:2018年3月10日(土) 10時30分から11時30分
  • 場所:熊本市現代美術館(CAMK) アートロフト(熊本市中央区上通町2-3)
  • 演題:「アイルランド:その過去と現在」(Ireland:Past and Present)
  • 定員:90名
  • 受講料:無料、ただし入場の際にチケットが必要
  • 入場チケット(無料)申し込み、お問い合わせ
    • 熊本アイルランド協会事務局(096-366-5151、株式会社お菓子の香梅内)

受講される皆様におかれましては、大使閣下もお越しになるパレード交流会もご参加くださいませ。