小泉八雲略歴

小泉八雲略歴
西暦 和暦 経歴
1850年 嘉永3年 6月27日ギリシアで生まれる。次男。
父はアイルランド人、母はギリシャ人
1855年 安政2年 ダブリンの大叔母に引き取られる
1857年 安政4年 父母の離婚
1866年 慶応2年 この頃、事故により左眼失明
1869年 明治2年 アメリカに渡り新聞記者として活躍
1890年 明治23年 ニューヨーク、ハーパー社の記者として来日。
島根県尋常中学校の英語教師となる
1891年 明治24年 2月小泉セツと結婚。
11月第五高等中学校(熊本大学)英語教師として来熊
1893年 明治26年 長男一雄誕生
1894年 明治27年 神戸クロニクル社(英字新聞社)に勤務
1896年 明治29年 日本に帰化し、小泉八雲と名乗る。
東京帝国大学(東京大学)英文科講師となる
1897年 明治30年 次男巌誕生
1899年 明治32年 三男清誕生
1903年 明治36年 東京帝国大学(東京大学)英文科講師を退官。
長女寿々子誕生
1904年 明治37年 早稲田大学教員となる。
9月26日心臓発作のため逝去(54歳)

小泉八雲はギリシアで生まれたアイルランド人です。本名は(Patrick) Lafcadio Hearn。島根県尋常中学校教師の時、小泉セツと結婚、のち日本に帰化して小泉八雲と名乗りました。
1891(明治24)年11月に第五高等中学校の英語教師として熊本に来ました。熊本時代の作品には「知られぬ日本の面影」「心」「東の国から」などがあります。
次の言葉は1894(明治27)年1月27日、小泉八雲が第五高等中学校で行った講演「極東の将来」の結語部分です。「The future of greatness of Japan will depend on the preservation of that Kyushu or Kumamoto spirit, the love of what is plain and good and simple, and the hatred of useless luxury and extravagance in life.」(日本の将来が偉大になれるかどうかは、かの九州あるいは熊本精神、すなわち簡易、善良、素朴を愛して、日常の無用な贅沢と浪費を憎む心を保存することかかっている。)

小泉八雲来熊120年記念 講演会とシンポジウム 清和文楽公演のお知らせ

熊本スピリッツ発信協議会、小泉八雲来熊120年記念事業実行委員会、熊本大学の主催で、講演会とシンポジウム、清和文楽公演が開催されます。

本年は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)来熊120年で熊本においても記念すべき年にあたります。この機にハーン曾孫の小泉凡先生、ハーン研究家の池田雅之先生をお招きしてハーン顕彰のための記念の講演会とシンポジウムを開き、熊本県の無形重要文化財清和文楽の「雪女」の公演とハーンの愛したアイルランド音楽の公演も予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

なお、当協会は本イベントを後援しております。また、当日開催を予定していた市民講座「アイルランド音楽の世界」は本イベントの「ハーンの愛したアイルランド音楽」に代えさせていただきます。

本イベントは文化庁文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業の補助対象事業です。

  • イベント名 小泉八雲来熊120年記念 講演会とシンポジウム 清和文楽公演
  • 主催 熊本スピリッツ発信協議会 小泉八雲来熊120年記念事業実行委員会 熊本大学
  • 日時 2011年11月26日(土) 13時00分~17時00分
  • 会場 熊本大学工学部百周年記念館
  • プログラム
    • 13時00分 開会の辞
    • 13時05分
      • 基調講演 『ハーンと熊本 -丸山学の民俗学とハーン-』
      • 講師 小泉凡氏(島根県立大学教授 ハーン曾孫)
    • 14時00分
    • 14時30分 休憩
    • 14時45分
      • ハーンシンポジウム 『ハーン来熊120年(これまでとこれから)-ハーンの多面性の底流にあるもの-』
      • パネリスト
      • コメンテイター
        • 小泉凡氏
      • 司会
    • 16時10分
      • 熊本県指定重要無形文化財・清和文楽 『雪女』公演
    • 17時00分 閉会の辞
  • 入場無料

 

小泉八雲来熊120年記念

小泉八雲来熊120年記念

熊本アイルランド協会事務局