カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

2024年(第26期)市民講座のお知らせ

 1891(明治24)年五高に英語教師として来熊し、当時の青年に多大な影響を与えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通して、熊本とアイルランドは深い関係にあります。
当協会は関係各界の協力を得て1998(平成10)年以来「ハーンと熊本」、父の祖国である「アイルランドの社会と文化」などの市民講座をこれまで24期にわたり開催してきました。
 2024(令和6)年・第26期の市民講座は年間テーマを「旅する心優しきアイルランドの人々』として、以下の通り開催します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

年間テーマ「旅する心優しきアイルランドの人々」

 ラフカディオ・ハーンの父方のルーツはケルト(アイルランド)の民人であった。この民族のルーツはヨーロッパの臍(へそ)とも言うべき現在のオーストリア、ザルツブルク近郊の山中にあった。そして彼らは此処から西に向かって壮大な旅(移動)に出ていくのである。
 ケルトの民は旅する民であった。ボへミアンとも言われ、貧しくも力強い「流浪の民」であった。途上で出会ったラテン(ローマ)の軍勢に百戦百敗してイベリア半島に逃れ、遂に海を越えて北上し、ブリトン島(現在のイギリス)の周縁部にたどり着いた。現在のスコットランド、ウェールズ、アイルランドである。

 旅する民は組織的な戦や国家形成・維持などは苦手であった。しかし芸術を生み出し、これを伝承していく文化力はすぐれていた。この心は詩や歌に託され、絵や踊りを演劇に結実して今日に伝えられている。
 ハーンはその血を受け継いでいたと思われる。美しい散文は誌的で、民族の魂が込められた民話や説話や諺などへの愛着は大きかった。私たちの知る『怪談』や『骨董』はこの心から生み出されたものであった。
 この市民講座では、熊本に約三年間いたハーンの心に繋がってアイルランドの心を皆様とともに楽しみたいと思います。皆様ぜひお越しください。

団体で受講される方は事前に当協会事務局までご連絡ください。

日時演題講師
5/25(土)
13:00~
アイリッシュ音楽の旅本間康夫氏
アイリッシュ・クリーム
キョールトリ
6/29(土)
14:00~
流浪の民=ケルト民族=西川盛雄氏
熊本大学名誉教授
7/6(土)
14:00~
アイルランド妖精の旅高木朝子氏
熊本高専准教授
8/3(土)
14:00~
Irish Spirit八幡雅彦氏
別府大学短期大学部名誉教授
10/26(土)
14:00~
未定池田志郎氏
英米文学研究者
12/7(土)
14:00~
アイルランドの音楽と朗読斎藤幸子氏他
石蕗(つわぶき)の花代表
2024年(第26期) 市民講座一覧表

協力団体:熊本八雲会・小泉八雲熊本旧居保存会(順不同)

カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

第4回市民講座「アイルランド系アメリカ人小説を読む」のお知らせ(終了)

市民講座「アイルランド系アメリカ人小説を読む」は終了しました。聴講してくださり誠にありがとうございます。

「アイルランド系アメリカ人小説を読む」と題し、八幡雅彦氏による市民講座を開講いたします。受講申し込みは不要ですので、お気軽にお越しください。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、予防ガイドラインに沿った対策を講じております。ご来場前に以下の項目をご確認、ご承諾くださいますようお願い申し上げます。

  • 発熱や味覚・嗅覚に異常がある等、体調がすぐれない方の受講をお断りします
  • 入場時の手指消毒(アルコール)にご協力ください
  • マスク着用は個人の判断が基本となりますが、コロナ療養期間終了後から7日間が経過していない方はマスク着用をお願いします
  • 講師はマスクを着用しない場合があります

受講希望者が多数の場合や上記対策に協力できかねる場合は、入場をお断りする場合がございます。また、新型コロナウイルス感染症の流行状況により、当講座を延期または中止する場合がございます。最新の情報は当ページを再確認されるか、当協会事務局(096-366-5151)までお問い合わせください。

  • 日時:2023年8月26日(土)14時00分~15時30分
  • 会場:お菓子の香梅帯山店ドゥ・アート・スペース(熊本市中央区帯山7-6-84)
  • 交通アクセス 熊本都市バス
  • 桜町バスターミナルからバスに乗車する場合
    • 乗車:桜町バスターミナル15番のりば
    • 系統:G1-4,G1-5,G1-6 保田窪四ツ角、日赤病院、長嶺小学校、免許センター方面
    • 降車:帯山四丁目
    • 徒歩:降車後、国体道路を東方向へ徒歩2分(100m)
    • 12:45発 13:07着 280円
    • 13:10発 13:32着 280円 スロープ付車両
  • 熊本駅からバスに乗車する場合
    • 乗車:熊本駅前06番のりば
    • 系統G1-6 大学病院、大江渡鹿、日赤病院、 長嶺小学校方面
    • 降車:帯山四丁目
    • 徒歩:降車後、国体道路を東方向へ徒歩2分(100m)
    • 13:02発 13:25着 310円 スロープ付車両
  • 講師:八幡雅彦氏(別府大学短期大学部名誉教授)
  • 演題:アイルランド系アメリカ人小説を読む
  • 申込:不要ですので、お気軽にお越しください
  • 受講料:無料(飲み物とお菓子の提供はございません)
  • お問い合わせ:当協会事務局 096-366-5151

19世紀半ば、アイルランドではじゃがいも大飢饉が起こり、150万人が亡くなり、100万人がアメリカをはじめとする海外に「棺桶船」で移住しました。

アメリカに移住したアイルランド人の子孫のうちからは数多くの著名な政治家(ジョン・F・ケネディ、ロナルド・リーガン、ジョー・バイデン等)、実業家、スポーツマン、文学者等が誕生しました。文学者としては小説家のスコット・フィッツジェラルド、劇作家のユージン・オニール等が挙げられます。

今回の講演では、まずアイルランド系アメリカ人の歴史について紐解きます。そのうえで、彼らがアメリカ社会で身を起こしてゆく様を描いた小説、ピュリッツァー賞を受賞した4人のアイルランド系アメリカ人の小説を中心にお話をいたします。私の講演を通して、彼らの作品がいかに読者に人生について多くの考える材料を与えてくれるか、そしていかに生きる勇気を与えてくれるかをご理解いただき、アイルランドがいかに「偉大な国」であるかを感じ取っていただければ幸いに存じます。

市民講座「アイルランド系アメリカ人小説を読む」
市民講座「アイルランド系アメリカ人小説を読む」

カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

2023年(第25期)市民講座のお知らせ

 1891(明治24)年五高に英語教師として来熊し、当時の青年に多大な影響を与えたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通して、熊本とアイルランドは深い関係にあります。
当協会は関係各界の協力を得て1998(平成10)年以来「ハーンと熊本」、父の祖国である「アイルランドの社会と文化」などの市民講座をこれまで24期にわたり開催してきました。
 2023(令和5)年・第25期の市民講座は年間テーマを「懐かしい国・アイルランドの心を辿る』として、以下の通り開催します。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

年間テーマ「懐かしい国・アイルランドの心を辿る」

 昨今、コロナ禍、ロシアのウクライナ侵攻など、どこか落ち着かない日々が続いています。改めて人々の安心・安寧も日々の大切さに思い至ります。
 混沌とした時代はなつかしさを求めます。そのなつかしさを持続・継承しているのはその国、その土地の文化・風土でしょうか。そしてこの懐かしさこそ行き過ぎた近代化のひずみに対する解毒剤の役割を果たします。
 アイルランドのルーツはケルト民族で、西洋の懐かしさの源泉の一つです。ケルト民族は、政治的には敗者であり続けましたが、人間の心の世界に繋がる文化/芸術の分野では豊かな世界を保持・継承してきました。現在の万霊節やハロウィンも元々はケルトのものでした。
 イェイツの詩歌や民話・説話の採集、オスカー・ワイルド、そしてラフカディオ・ハーンもこの系統に繋がります。
 日本人とケルト民族の心には共通するものが多々あります。現代という不安な時代への癒しと励ましとしてアイルランドの心に触れることは意義あることだと思います。この市民講座を通してどこか懐かしい西洋と日本の世界を一緒に辿ってみたいと思います。皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

 市民講座では新型コロナ対策のため、受講者の皆様に検温や手指消毒、マスク常時着用、咳エチケットへのご協力をお願いする場合がある他、入場制限や講座の中止や延期、保健所等公的機関への情報提供などを実施することがございます。
 また、団体で受講される方は事前に当協会事務局までご連絡ください。

日付演題講師
5/27
(土)
現代に息づくアイルランド伝統音楽の魅力アイリッシュ・クリームとキョールトリ
6/24
(土)
民話と妖精とケルトから見たアイルランド高木朝子氏
熊本高専准教授
7/22
(土)
アイルランドとハーン西川盛雄氏
熊本大学名誉教授
8/26
(土)
アイルランド系アメリカ人小説を読む八幡雅彦氏
別府大学短期大学部名誉教授
大分県アイルランド研究協会
10/21
(土)
世界最古のモニュメント! 世界遺産ニューグレンジ遺産を解き明かす立山由生氏
ワシントン外語学院院長
12/9
(土)
ハーン作品朗読斎藤幸子氏
石蕗(つわぶき)の花代表
2023年(第25期) 市民講座一覧表
※1開講時間はいずれも14:00~15:30の90分
※2お菓子の香梅帯山店ドゥ・アート・スペース
受講料無料(お菓子や飲み物の提供はございません)
2023年(第25期) 市民講座補足

協力団体:熊本八雲会・小泉八雲熊本旧居保存会(順不同)

カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

市民講座「ベルファストを歩く ~小説家グレン・パタソンとともに~」のお知らせ(終了)

市民講座「ベルファストを歩く ~小説家グレン・パタソンとともに~」は終了しました。

「ベルファストを歩く ~小説家グレン・パタソンとともに~」と題し、八幡雅彦氏による市民講座を開講いたします。受講申し込みは不要ですので、お気軽にお越しください。

【八幡雅彦氏のプロフィール】
八幡雅彦:(やはたまさひこ)別府大学短期大学部教授。1958(昭和33)年岡山県生まれ。1980(昭和55)年慶應義塾大学文学部英米文学科卒業。1983(昭和58)年同大学大学院文学研究科修士課程終了、文学修士。専門はアイルランド文学、特に北アイルランド小説。著書に『北アイルランド小説の可能性-融和と普遍性の模索-』(2003(平成15)年)。

カテゴリー
1 お知らせ 1-3 事務局よりお知らせ

2013年(第15期)市民講座のお知らせ

2013年(第15期)市民講座が下記のように決まりましたのでお知らせいたします。受講料は無料ですが、会場により参加費(飲み物とお菓子)や入館料が必要です。詳細は当協会事務局までお問い合わせください。

2013年(第15期)市民講座「アイルランド:心の旅」(PDF)

日程 演題 講師 会場等
5月18日(土)
14時00分~
アイルランドの言語と文化 西川盛雄氏
熊本大学名誉教授
※1
6月22日(土)
14時00分~
ベルファストを歩く
~小説家グレン・パタソンとともに~
八幡雅彦氏
別府大学短期大学部教授
※2
7月20日(土)
13時30分~
古代の風 ケルトの風 井上智重氏
熊本近代文学館館長
※3※4
8月24日(土)
14時00分~
イェイツとアイルランド文芸復興 伊東裕起氏
熊本学園大学非常勤講師
※2
10月26日(土)
14時00分~
アイルランドの語りの文化と妖精 高木朝子氏
熊本高専非常勤講師
※2
開講時間はいずれも90分
※1 小泉八雲熊本旧居 入館料 高校生以上 200円、小・中学生 100円、熊本市内の小・中学生および65歳以上は無料
※2 お菓子の香梅帯山店ドゥ・アート・スペース 参加費200円(飲み物とお菓子)
※3 熊本近代文学館(熊本県立図書館)
※4 日時と演題が変更されています。
変更前の日時 7月27日(土)14時00分~
変更前の演題 ケルトと古代日本に通底する世界 ハーンにとってのカミとは
熊本アイルランド協会事務局