ハーン作品トークの会「徳富蘇峰はハーンをどうみていたか」のお知らせ

熊本八雲会の主催で、「徳富蘇峰はハーンをどうみていたか」と題し、ハーン作品トークの会が開催されます。

明治から昭和にかけての日本のジャーナリズム界の巨人徳富猪一郎(蘇峰)は、熊本洋学校や同志社大学に学び、やがて「国民の友」「国民新聞」の発刊・編集者として時代に重きをなした。生まれは母(徳富一敬夫人・久子)の実家上益城郡益城町杉堂でやがて水俣で育ち、肥後維新の後、1870(明治3)年に熊本市の大江の地(現在の徳富記念館)に来た。その彼が後に珍しくも著書「典籍清話」(1932(昭和7)年刊)の中でラフカディオ・ハーンについて述べている。また1935(昭和10)年9月には富山の「ヘルン文庫」を訪ねている。今回は、その蘇峰がハーンをどう見ていたかについて興味深いお話をして戴きます。

  • 日時:2015年3月29日(日) 14時00分~16時00分
  • 場所:小泉八雲熊本旧居(096-354-7842, 熊本市中央区安政町2-6)
  • 演題:「徳富蘇峰はハーンをどうみていたか」
  • 講師:西川盛雄氏(熊本大学名誉教授)
  • 費用:入館料 高校生以上 200円、小・中学生 100円(★注)

参加申し込みは不要です。直接会場へお越しください。お問い合わせは熊本市文化振興課096-328-2039まで。

(★注)熊本市内の小・中学生、65歳以上の方、障がいのある方は、名札、年齢の分かるもの、障害者手帳の提示で入館料が無料となります