カテゴリー
1 お知らせ 1-1 イベントのお知らせ 1-2 熊本アイルランド協会の歩み

熊本アイルランド協会創立30周年記念展のお知らせ(終了)

熊本アイルランド協会創立30周年記念展は終了しました。ご覧くださりありがとうございます。自由にお持ち帰りになれるパンフレットやポストカードは、展示中に補充したものもほぼなくなり、反響の大きさに驚いております。市民講座や顕彰事業、セント・パトリックス・デイ・パレード等を通じて、今後も皆様と関わることができれば幸いに存じます。

「熊本アイルランド協会創立30周年記念展」と題し、当協会の主催で展示会を開催します。

当熊本アイルランド協会は五高(現在の熊本大学)に英語教師として赴任し、日本文化に多大な影響を与えた小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の業績を顕彰する来熊100周年記念祭が1991(平成3)に開催されたことを契機に、日本およびアイルランド両国間の文化、学術、経済、観光等における友好交流を促進し、両国民の親善を図ることを目的として創立されました。

今回の記念展では、これまでに開催した小泉八雲の顕彰事業や、多種多様な市民講座、セント・パトリックス・デイ・パレードなどのイベントをポスターやパネル、写真、チラシ、資料で展示し、加えてアイルランド大使館の全面協力の元、アイルランドの様々な魅力もお伝えしたいと考えております。

  • 展示名称:熊本アイルランド協会創立30周年記念展
  • 展示期間:2021年3月7日(日)~16日(火)
  • 展示場所:熊本市国際交流会館1階 (熊本市中央区花畑町4-18、096-359-2020)

2021年3月16日追記 駐日アイルランド大使館(Embassy of Ireland, Japan)のTwitterとFacebookでご紹介いただきました。

https://twitter.com/IrishEmbJapan/status/1371340588625375234

なお、展示期間中に開催を予定しておりました「第15回 熊本2021 セント・パトリックス・デイ・パレード」は、全国的に新型コロナウイルスの市中感染が懸念されている状況をふまえ、パレードおよび交流会の【中止】を決定しました。楽しみにされていた皆様へ深くお詫び申し上げます。

カテゴリー
1 お知らせ 1-2 熊本アイルランド協会の歩み

Kumamoto Japan-Ireland Society Annual General Meeting 10th Anniversary

His Excellency Mr. Pádraig MURPHY

Mr. President, Member of the Kumamoto Japan-Ireland Society

As you all know, Lafcadio Hearn arrived in Kumamoto at the end of 1891 to teach Latin and English at the large Government College here, the predecessor of Kumamoto University. It would be unfaithful to the record to deny that he did not immediately fell in love with the place; on the contrary, he was immediately depressed with what he called this “straggling, dull, unsightly”, half-Europeanised garrison town with its soldiers and the antiseptic red brick of the Government College. What he had been hit with was the disappearance of enchantment, the knowledge that he would now have to grow old and suffer the “sorrows of the nineteenth century”, as he put it. “I wish I could fly out of Meiji forever”, he said, “back against the stream of time into Tempo, or into the age of the Mikado Yuryaku – fourteen hundred years ago. The life of the old fans, the old screens, the tiny villages, that is the real Japan I love. Somehow or other, Kumamoto doesn’t seem to me Japan at all. I hate it.”

Hearn was upset at the way modernisation was changing Japan. He yearned to turn back the clock. In a more extended diatribe, he put it thus:

“So Japan paid to learn how to see shadows in Nature, in life, and in thought. And the West taught her that the sole business of the divine sun was the making of the chaper kind of shadows. And the West taught her that the higher-priced shadows were the sole product of Western civilisation, and bade her admire and adopt. Then Japan wondered at the shadows of machinery and chimneys and telegraph poles; and at the shadows of mines and of factories, and the shadows in the hearts of those who worked there; and at the shadows of houses twenty storeys high, and of hunger begging under them; and shadows of enormous charities that multiplied poverty; and shadows of social reforms that multiplied vice; and the shadows of shams and hypocrisies and swallow-tail coats; and the shadow of a foreign God, said to have created mankind for the purpose of an auto-da-fé. Whereat Japan became rather serious, and refused to study any more silhouettes. Fortunately for the world, she returned to her first matchless art; and, fortunately for herself, returned to her own beautiful faith. But some of the shadows still cling to her life; and she cannot possibly get rid of them. Never again can the world seem to her quite so beautiful as it did before.”

This is a point of view which I well understand and with which we can all, I suppose, sympathise.

If I understand the point of view very well, it is because Ireland too can be seen as having lost its enchantment during my lifetime. Sixty years ago, one of the most famous Prime Ministers of Ireland, Éamon de Valera, set out his vision of an ideal Ireland on St.Patrick’s Day.

“That Ireland which we dreamed of,” he said, “would be the home of a people who valued material wealth only as a basis of right living, of a people who were satisfied with frugal comfort and devoted their leisure to the things of the spirit; a land whose countryside would be bright with cosy homesteads, whose fields and villages would be joyous with sounds of industry, the romping of sturdy children, the contests of athletic youths, the laughter of comely maidens; whose firesides would be the forums of the wisdom of serene old age.”

It was not to be, at least not as far as the value placed on material wealth, or the satisfaction with frugal comfort, or the devotion to things of the spirit are concerned.

Ireland came to advanced economic development much later than Japan. After a spectacular burst of economic growth that began some 10 years ago, with growth rates for a number of years of over 10%, the highest in the OECD, Ireland today enjoys a GDP per person which puts it in fourth place, after Sweden, Luxembourg and Denmark, in the EU. The transformation from being the poor man of Europe only 20 years ago has been intoxicating, as all such transformations are. For identities are stubborn things. I have noted, for instance, that though Japan has for many years been the second economic power in the world, the Japanese self-image is still that of a small nation, even, to some extent, a victim perhaps – essentially an image which results from a defeat in a war of now over 50 years ago. Similarly, for centuries the Irish too saw themselves as essentially one of the great losers in the historical lottery and, of course, unlike Japan, we are really small. Just as Lafcadio Hearn did in regard to Japan at the end of the nineteenth century, Ireland until recently fed on the illusion that the country could have a uniquely idylic vocation. So we certainly have not come to terms with our new-found prosperity.

The disjuncture between image and reality does, of course, in the case of Ireland at least, give rise to some problems. In the Irish case they result from the inadequacy of some of the structures left over from an overtaken era – their incompatibility with the demands of advanced development. On the level of physical infrastructure too, Ireland finds itself struggling to update its sometimes 19th-century facilities to meet the requirements of its 21st-century economy and the strain is obvious in the area of ground transport, for instance. In some ways, Ireland is like a teenager who has recently grown too fast for his clothes.

Then there is the question of identity. The age of strong nationalistic feelings is gone in Ireland, including the sense of a special calling for Ireland. A strong sense of nationalism meant a strong sense of separate identity. The disappearance of strong nationalism is very welcome, but the accompanying loss of an assurance about identity is more problematic.

The question was posed in an interesting way over the past year or so. Ireland has enjoyed high levels of foreign investment, in particular from the U.S., which has been a very important factor in the high growth rates of the 90s. There has been growing along with this a sentiment that globalisation was the most important contributory factor to this development, and that what some have recently been calling “the old Europe” might have been overtaken by this wave of the future. Sentiments of this kind led the Irish Deputy Prime Minister to say during 2001 that she thought Ireland was nearer Boston than Berlin. This might in some circumstances be taken as a relatively harmless exercise in alliterative speech-making.

However, it so happened that in June 2001 a referendum was scheduled in Ireland on ratification of the Nice Treaty, a very complicated adjustment of the basic EU Treaties in order to permit enlargement of the European Union. Given the very happy experience that Ireland has had as a member of the EU, along with the fact that no less than four such referenda had previously, since we joined the EU in 1973, passed comfortably, the universal expectation was that the passing of this referendum too would be unproblematic. This expectation resulted in complacency on the part of the main political parties, all of which were in favour, but which did not campaign actively.

At the same time, those who opposed the proposal had a relatively easy time giving a simplistic negative reading of the complex legal document which was submitted for ratification. The result was a very low poll, in which a small majority said no. This was a severe embarrassment for the Government, for, without ratification of the Nice Treaty, the politically important enlargement of the EU could not proceed. The Irish people were obliged to consider very carefully whether in fact we were closer to Boston than to Berlin: the question needed imperatively to be put again to the people as, without Irish ratification, the Nice Treaty could not enter into force and enlargement of the EU could not take race.

And so a campaign for ratification by referendum was re-opened one year later with, this time, full commitment by all the established political parties and, as a result, full realisation by the electorate of what was at stake. The result showed that, for the people of Ireland, Berlin was at least as important as Boston: in a large turnout, voted in favour of ratification by a margin of almost to 1.

That having been decided, however, it is true to say that Ireland’s view of its membership of the EU is no longer what it was even five years ago. We have already progressed to being one of the richer member States of the present 15, not to speak of the 25 which will be members as of 1 May next. Because of that, we are already moving from being net beneficiaries from the operation of the Community budget to being net contributors. With enlargement and foreseeable changes in the agricultural policy because of WTO negotiations, this trend can only accentuate.

In sum, Ireland today is a country which has made very important progress in economic development in the past 15 years, bringing it to the first tier of developed economies in the world – in GDP per head, No.10 in the world. In the course of that same accelerated development, questions have arisen about its identity – it being certain that the old nationalistically accented identity has faded. But when well-considered, a commitment to the European integration enterprise as manifested in the EU seems to be an essential part of a modern Irish identity. At the same time, this does not yet completely cover Ireland’s stance in international affairs. Here, a long-standing Irish attachment to the central role of the United Nations in the promotion and maintenance of world peace comes to the fore, together with a question as to the future viability of this option.

Ireland is not a country without problems. I have indicated some of them: the speed of our recent economic development has left some of our infrastructure, especially in transport, with some way still to go in order to catch up. The very open economy, itself a very important factor in the rather spectacular development, also leaves one exposed to the possibility of downturn in the case of an evident slump in the world economy, such as that we are now going through. Here, too, the future is looking considerably murkier than it did only a relatively short time ago. Will the world economy, will the US economy, revive? Will the bodies that oversaw the economic development at universal level since the Second World War – the IMF, the World Bank, WTO, the successor of GATT – be still able to function in the future as they have for 50 years now? These are questions too which are as vital for Japan as they are for Ireland, dependent as we in Ireland are, even more than Japan, on the health of the world economies and, in particular, on that of the US economy. Overall, however, it would have to be said that, in any reasonable historical perspective, Ireland today is experiencing one of the happiest periods of her history, able for the first time ever, perhaps, to offer a premium standard of living to all its population, no longer suffering the hemorrhaging of emigration, and a secure member of one of the most advanced societies of states in the world.

And so we find ourselves at the beginning of a new century, with prosperity that our grandparents could not believe in, but also with problems of a complexity which they could not imagine. And as for the future, I return again to Lafcadio Hearn. What I see in Japan today is a highly sophisticated modern economy which still manages to preserve a distinctly Japanese identity, the product of a culture of some two thousand years. The virtues noticed by Lafcadio Hearn more than one hundred years ago I still see flourishing. So if, in the case of Japan, Lafcadio Hearn’s pessimism of the 1890s is seen not to be justified in 2003, I derive some hope for my own country. Perhaps, after all, the dream that was dreamt by Éamon de Valera in 1943 need not have been dreamed in vain?

I thank you for your attention.

カテゴリー
1 お知らせ 1-2 熊本アイルランド協会の歩み

熊本アイルランド協会創立10周年記念講演

駐日アイルランド大使 ポドリグ・マーフィー閣下

皆様ご存知のように、ラフカディオ・ハーンは、ここ熊本大学の前身である第五高等学校でラテン語と英語の教鞭をとるため、1891年末に熊本に到着しました。ハーンがただちにこの地を好きにならなかったことを否定しては、記録に不忠実でありましょう。反対に、彼は、自ら記したように、「兵隊たちが駐屯する、まとまりのない、退屈で、不体裁なヨーロッパナイズされた都市と、官立学校の味気ない赤レンガ」に意気消沈したわけです。ハーンを襲ったのは、魅惑状態からの脱却で、これから自分は老年期に入り、「19世紀の悲しみに耐え忍ばねばならない」と記しています。「永遠に明治以前に戻れたら」と彼は記しています。「時をさかのぼり、天保時代、または1400年前の雄略天皇の時代に戻れたら、どんなにいいか。昔の扇子、昔の屏風、小さな村、そのような生活が、私が愛する本当の日本なのです。どういうものか、私には熊本が日本のようには思えません。私は嫌いです。」

ハーンは近代化の中で日本が変わっていくことに動転しました。時計を逆回転させたいと願ったのです。もっと痛烈な非難を述べています。

(以下、平井呈一先生の訳を引用させていただきます)
「こうして日本は、わざわざ伝授料を出して、自然の陰影、人生の陰影、思想の陰影の見方を学んだのである。そこで西洋人は、影にもいろいろある、神聖なる太陽の本分は影を作ることにあること勿論だが、あれはしかし、どちらかというと、影は影でも安価な影だ、もっと高価な影ということになると、これは西洋文明が一手に製造しているのさ、といって、しきりと陰影を礼賛して、君たちもぜひこれを採用したまえと言ってすすめた。日本人は、そのとき、機械の影や、煙突の影や、電柱の影を見て、一驚した。鉱山や工場の影、あるいは、そこに働いている人たちの心のなかの影、そういうものを見ておどろいた。20階もある高層家屋の影、その下で物乞いをしている飢餓の影、貧困者をいやが上にもふやすばかりが能のおびただしい慈善の影、悪徳を増すばかりの社会改善の影、インチキと偽善と燕尾服の影、あるいは、火あぶりの刑にあわせるために人間をつくったといわれる異教の神の影。こういう影を、それからそれへと見せられた日本人は、そこまできて、ようやく本心に立ち戻って、それ以上影絵を学ぶことをきっぱりと拒絶したのであった。全世界にとって、まことにしあわせだったことには、日本は、この時いらい、ふたたび、比類なき自国本来の芸術に立ち戻ったのであった。日本が、日本自身の美の信念に、ふたたび立ち戻ったということは、日本自身にとっても、まことにしあわせなことであった。しかし、いったん習いおぼえた影は、いまでもやはり、多少は身にこびりついている。これをすっかり剥ぎおとしてしまうことは、おそらく、日本人にも、もはやできない業だろう。かつては宇宙の万象が、あれほど日本人に美しく見えたように、今後もう二度と日本人の目に映ずるようなことは、まずあるまい。
-引用終わり-

これは私にもよく解る観点であり、われわれ全員が同感できることだと思います。

なぜ私にこれがよく解るかといえば、それは私の一生の間に、アイルランドも、その魅力を失ったと見ることができるからです。60年前、もっとも有名なアイルランドの大統領の一人であるエーモン・デ・バレラは、アイルランドのナショナル・デーであるセント・パトリックス・デーに理想のアイルランド像ついて語りました。

「われわれが夢みるアイルランドとは、物質的豊かさをまっとうな暮らしの基礎であるとだけ考える人々、質素な楽しみに満足し、余暇を精神的活動に使う人々の集まる国でありましょう。その田園は居心地のよい農場であかるくかがやき、野や村には勤勉な人々の声や、元気な子供の遊ぶ声、筋骨たくましい若者の競いあう声、見目美しい乙女たちの笑い声で喜びかえる。そして、暖炉の周りでは落ち着いた老人たちが知恵を出し合い語り合う、そんな国であります」

現実はこのようにはなりませんでした。少なくとも、物質的豊かさに対する価値観や、質素な楽しみに満足すること、また精神的活動に没頭する点においては違っています。

アイルランドの経済発展は、日本よりずっと遅れてきました。10数年前に経済の著しい発展が始まり、数年間、OECD加盟国で最高の10%を超える成長を続けた後、現在は、EU諸国の中で、スウェーデン、ルクセンブルグ、デンマークにつぐ第4位の一人当たりGDPを持つようになりました。たった20年前にはヨーロッパの貧者といわれていた、それからの変身には、すべての変身がそうであるように、人を夢中にさせるものがあります。ですが一方、アイデンティティーというものは頑固なものです。たとえば、日本は世界第二の経済大国であるにもかかわらず、日本の自己認識は小国のまま、または、50年以上前の敗戦からくる犠牲者としてのイメージを持っています。アイルランドも同様に、数世紀にわたり、歴史のくじ引きの中の敗者として自らを見てきました。また、もちろん、日本と違ってアイルランドは事実、小さな国です。19世紀の末にラフカディオ・ハーンが日本について思ったように、アイルランドも最近まで、アイルランドには独特の牧歌的なあり方があるのだという幻想にとらわれていました。ですから、われわれは新しく起きた繁栄をうまく受け入れられないのです。

イメージと現実の分離は、少なくともアイルランドの場合、いくつかの問題を引き起こしています。アイルランドの場合は、過去の時代から引きついだ構造の不適切性-新しい時代的要求に調和しないことから起きています。物理的なインフラにおいても、アイルランドは19世紀型施設を21世紀型経済にあった新施設に改変しようと苦悩しており、たとえば地上輸送の分野で懸命の努力をしています。ある意味では、アイルランドは急に成長して服が窮屈になったティーンエージャーといったところでしょうか。

そして、アイデンティティーの問題が出てきます。アイルランドには独特のあり方があるという考えも含めた、強烈な愛国主義的思考の時代は過去のものとなりました。強烈な愛国主義的思考は、強いアイデンティティーの意識とつながっています。過度の愛国主義的思考の消失は非常に歓迎するものですが、それにともなうアイデンティティーの欠損は、より問題です。

この問題は、昨年ごろから、興味ある形で現われています。アイルランドは特にアメリカ合衆国などの外国からの投資を多く受け、それが90年代の高度成長を推進する重要な要素でありました。これに伴い、グローバライゼーションこそが国家の発展をもたらす最も重要な要素であるといった考えが起こり始め、「古いヨーロッパ」は将来、この波にのまれてしまうだろうと考える人が現れ始めました。こういった考えが、2001年にアイルランド副首相をもって、アイルランドはベルリンよりボストンに近いと思うと言わせたのです。時と場合によっては、これは頭韻を踏んだ無害な演説だと受け取られるでしょう。

しかし、2001年6月に、その問題が浮き彫りになったのです。アイルランドではニース条約の批准をめぐる国民投票が予定されていました。ニース条約は、EU拡大に道を開くためにEUの基本的条約の複雑な調整をするための条約です。アイルランドが1973年にEUに加盟して以来、4件以上このような国民投票が行われましたが、いずれも楽に可決されてきたという事実と、アイルランドがEU加盟国として享受してきたすばらしい経験を考慮すると、この国民投票は問題なく可決するというのが普遍的な予想でした。主要政党はその予想に満足し、そのすべての政党が批准に賛成であったのにもかかわらず、政治運動を活発に行いませんでした。

同時に反対派は、批准用に提出された複雑な法律文書を平易に否定的に解釈し、比較的楽なキャンペーンを展開したのです。結果は非常に低い投票率で、反対派が小差で勝利しました。政府は大変に困難な立場に追い込まれたのです。ニース条約を批准しなければ、政治的に重要なEU拡大が前進しないからです。アイルランドの人々は、本当にベルリンよりボストンに近いのかどうかを真剣に考えなくてはなりませんでした。アイルランドによる批准がなければ、ニース条約の発効はなく、EU拡大は挫折するので、どうしてもふたたびこの問題を国民に問う必要がありました。

一年後、国民投票による批准を求めた運動は再開されました。今度はすべての既成政党が十分にかかわり、結果として何が問題なのかを選挙民がしっかりと理解したわけです。投票の結果、アイルランド国民にとって、ベルリンは少なくともボストンと同様に重要だということが明らかになりました。投票率は高く、ほぼ2対1の比率で人々は批准に賛成したのです。

そしてそれは批准されましたが、アイルランドのEU加盟国としての視点が、もう以前のものではない、5年前と比べても違ってきているのは事実です。来年の5月1日より拡大する25加盟国の中では言うに及ばず、アイルランドは、現在の15加盟国の中でも既に富める国の一つとなっています。そのため、EUの予算配分では、われわれはすでに受益者から、純貢献者に移行しつつあります。EU拡大と、WTOの折衝でおそらく起きるであろう農業政策の変化により、この傾向は進む一方です。

要約すれば、今日のアイルランドは、過去15年間で非常に重要な経済発展を遂げ、世界の先進国のトップグループに入りました。国民一人当たりのGDPは世界10位です。その急速な発展の中で、アイデンティティーの問題が出てきました。古い愛国主義的に彩られたアイデンティティーが薄れたのは確かです。しかし、よく考えてみれば、EUに表されるヨーロッパ統合事業への貢献が、近代アイルランドのアイデンティティーの主要部分であるとも思われます。しかし同時に、これが国際問題におけるアイルランドの立場を完璧に表しているわけではありません。世界平和の推進と維持に、アイルランドが国際連合を中心とした活動に長年、貢献してきたことは、その選択の将来的展望の問題とともに、焦点をあてる必要があると思います。

アイルランドは問題のない国ではありません。すでにいくつかは申し上げました。近年の経済発展の速度に、特に輸送部門でのインフラが追いつかず、キャッチアップする必要があります。また、開放経済が目覚しい発展をとげる上で非常に重要な要素だったのですが、現在のように世界経済が明らかに停滞している場合には、下落の可能性にさらされることになります。また、将来は、過去の数十年に比べ、より不確かさをますように思えます。世界経済は、アメリカ経済は、再生するのでしょうか? 第二次世界大戦後、地球規模で経済発展を指導してきた機関-IMF、世界銀行、WTO、GATTの後継機関-は、過去50年間のように、将来も機能できるでしょうか? こういった疑問は、日本にとってきわめて重要であるように、アイルランドにとっても重要です。アイルランドは日本以上に世界経済の健全性、特にアメリカ合衆国経済のそれに依存しているからです。しかしながら、全体としてみれば、アイルランドは現在、あらゆる見地からして、その歴史の中で最も幸せな時期にあることを述べておかねばならないと思います。おそらく、歴史の中で初めて、すべての国民に優れた生活程度を供し、もはや移民による人口消失はなく、世界中でもっとも進んだ国家社会の一員として安定した地位を保っています。

新世紀の冒頭にある我々は、祖父母が決して信じることのできない繁栄の中に立つと同時に、彼らには想像もつかない複雑な問題をも抱えています。将来については、ふたたびラフカディオ・ハーンにもどりたいと思います。今日、私がお見うけしますに、日本は高度に洗練された近代経済国家であると同時に、2000数年の歴史に培われた文化の産物である日本の独自性をまだ明確に保持しておられます。100年前にラフカディオ・ハーンが気づいた美徳は、まだ存在し、あちこちに見受けられると、私は思うのです。ですから、もし、1890年代にラフカディオ・ハーンが抱いた悲観論が2003年に実証されていないなら、私は、わが国にもいくばくかの希望があるのではないかと思うのです。エーモン・デ・バレラの1943年に見た夢は、むなしく終わることはないのではないでしょうか?

ご清聴、ありがとうございました。