講演会「ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか」のお知らせ

ジェーンズの会主催、熊本市共催で、講演会「ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか」が開催されます。
ジェーンズは与えられた通訳を断って、生徒に英語を徹底的に教えます。その成功のお陰で授業は一切日本語を使わず英語だけで5年間行いました。生徒たちは輸入された英書を読んで勉強し、英語で考え英語で話しました。卒業後も多くの生徒がアメリカの大学に留学して学問を追求しました。英語の壁を乗り越える奇跡はどのようにして起こったのでしょうか。

  • 日時:2019年3月24日(日) 14時00分-17時00分
  • 場所:熊本市立図書館ホール(熊本市中央区大江6-1-74)
  • 演題:ジェーンズが起こした奇跡 英語の壁をどう乗り越えたか
  • 講師:福田昇八(熊本大学名誉教授)、ジュリ米岡(熊本学園大学教授)
  • 問い合わせ先:ジェーンズの会事務局 090-8582-9773 096-385-2645 kenhonda*jcom.zaq.ne.jp(*を@に変更して送信してください)

講演会終了後に懇親会(水前寺公園で花見)も予定しています。

ハーン作品トークの会「ハーン作品を英語で読むII 願望成就 “A Wish Fulfilled”」のお知らせ

熊本八雲会の主催で、「ハーン作品を英語で読むII 願望成就 “A Wish Fulfilled”」と題し、ハーン作品トークの会が開催されます。

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、熊本を舞台に執筆した作品に「願望成就 “A Wish Fulfilled” (「東の国から」所収)」があります。日清戦争が始まり、軍人であふれている熊本の街。本妙寺では、加藤清正の霊に加護を祈る法会がいとなまれました。ある日、軍服を着た昔の教え子が出征のためハーン宅に別れの挨拶に訪れました。二人で「死」について論じあいながら、日本人の心を探し求めた作品です。今回は本田&Patrick Bencke(九州ルーテル学院大学)両講師の先生に英語朗読と解説をしていただき、西洋と日本の心の新たな内面を見出し、楽しい時間につなげていただければ幸いです。

  • 日時:2015年2月22日(日) 14時00分~16時00分
  • 場所:小泉八雲熊本旧居(096-354-7842, 熊本市中央区安政町2-6)
  • 演題:「ハーン作品を英語で読むII 願望成就 “A Wish Fulfilled”」
  • 講師:本田憲之助氏(日本英学史学会事務局長)・Patrick Bencke氏(九州ルーテル学院大学准教授)
  • 費用:入館料 高校生以上 200円、小・中学生 100円(★注)

参加申し込みは不要です。直接会場へお越しください。お問い合わせは熊本市文化振興課096-328-2039まで。

(★注)熊本市内の小・中学生、65歳以上の方、障がいのある方は、名札、年齢の分かるもの、障害者手帳の提示で入館料が無料となります