ラフカディオ・ハーンと移民

西川盛雄(熊本大学名誉教授)
2009年(第11期)市民講座「ラフカディオ・ハーンとアイルランド文化」(5回シリーズの第5回)
小泉八雲熊本旧居

 ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は19歳の時(1869年)にイギリス北西部の工業都市リヴァプールの港からアイルランドの移民船に乗ってアメリカに渡っていった。着いた処はニューヨークでその後列車でシンシナティに向かっている。この船は大西洋を横切るに際して棺桶船とも言われ、乗船はしたものの航海途中で沈没したり、飢えや病気で多くの人が船中で死に、やっと目的地に着きはしたもののその有様は凄惨を極めた。 
 ハーンは1863年9月、13歳の時にダラム州アショーにあるカトリック系の聖カスバート神学校に入学した。両親の離婚により孤児となったハーンを将来カトリックの聖職者にしたいと考えた後見人の大叔母サラ・ブレナンの意向に沿ったものであった。16歳で学校で左目を失明した上、この大叔母が近親のモリヌーの投機事業に参画して失敗し、財産を失う。その結果として大叔母はハーンの学費支援ができなくなり、翌年にはハーンは17歳で退学を余儀なくされる。その後1867年秋から1868年まではかつて大叔母に仕えていた奉公人の伝手でロンドンに出て働くがここでの生活は身の置き場の無い悲惨な有様であったという。
 ロンドン滞在中のイギリス王朝はヴィクトリア女王の時代であった。この時代、イギリスは十七世紀以来の大航海時代と十八世紀以来の産業革命の遺産によって大いに栄え、都市化が進み、富裕層はますます富を増やし、貧民層はますます貧しくなり、両者間の格差が大きく開いていった。そして大英帝国の国力が増す反面、社会の底辺では出稼ぎの他民族の流入があり、スラム化が進み、人々のモラルも歪んでいった。ハーンはこの時、当時の西洋文明の代表格であるロンドンの場末や裏側にある社会の不条理をつぶさに体験し、その闇の部分をみていたのである。
 ハーンはこの理不尽さに満ちたロンドンを抜け出し、何とか新しい世界への脱出を図ろうと願っていたとしても不思議ではない。彼なりの旧世界を捨てて新世界に向かう志は抗うべくもないところまで来ていた。ハーンにとって<旧世界>とはロンドンのような文明の確立された強く大きな西洋であった。<新世界>とは未知の神話や豊かな自然の溢れた非西洋であった。時丁度アイルランドの人々はジャガイモ飢饉の後、本国で食べていけず、移民船に乗って祖国を脱出、新天地であるアメリカを目指していたのである。アメリカからすれば、当時南北戦争後奴隷制度が廃止され、西部開拓の波に乗って鉄道敷設や町の建設など、多くの労働力を世界中から移民として呼び込んでいるさ中であった。
アイルランドの歴史は対イングランドとの関係の在り方が反映されている。イングランドはすでにヘンリー二世の時期、1171年にアイルランドに侵攻している。16世紀の後半にヘンリー八世が英国国教会を作り、王権がローマ法王権から独立した権限を有するようになった。娘のエリザベス一世もこれを踏襲した。大航海時代のイギリスの勢力拡大に伴って英国国教会の力も大きくなった。17世紀半ば、清教徒革命を率いたオリヴァー・クロムウェルは王を処刑した勢いのままアイルランドに侵攻、この地を徹底的に破壊した。その後の名誉革命を果たしたオレンジ公ウィリアムもまたアイルランドには厳しい統治を行い、宗主国イギリス、属国アイルランドという構図を作り上げた。当然のことながらアイルランド側からは恨(はん)の情とケルトの誇りを籠めてイングランドに対抗し、古来からのケルト文化を守り、自治の権利を求め、やがて国権の独立を求めて各種自立への運動が起こってくるのである。深刻なジャガイモ飢饉が発生したのはそんな中、1845年から1848年頃にかけてであった。それでも宗主国イギリスはアイルランドからの食物輸出を禁ずることはなく、飢饉にあって食料は依然として海外に流れ出たままにしていた。加えてイギリス国教会のアイルランド・カトリックへの宗教的支配、さらには土地法など政治的・社会的圧迫は止むことはなかった。その結果として多くのアイルランド人の生活は破綻し、祖国を離れ、新興の「新世界」に向かって「脱出」することを余儀なくされたのである。
 ハーンは父方よりアイルランドの血を引いている。幼い頃は両親離婚という憂き目はあったにしても大叔母は破産前はハーンを大切にして、トレモアの別荘や北ウェールズのバンゴールやカナフォンに連れて行ってくれ、教育も家庭教師をつけてそれなりに大切にしてくれた。そしてアイルランドの伝説や民話、歌謡や音楽や踊りに触れて必ずしも負の不愉快な思い出ばかりではなかった。イングランドのダラムやロンドンで経験したこととは対照的にアイルランドの庶民の人々に心を寄せながらハーンはアメリカ行きを決心したとしても不思議ではなかった。かくしてハーンは19歳で移民船に乗ってアメリカに行くことを決意し、ヨーロッパを記憶の中に生涯にわたって封印したのである。
ハーンは渡米の後ヨーロッパを背後にしたまま二度と訪ねることはなかった。「父」に繋がるヨーロッパを捨てたのである。パトリックというアイルランドに繋がるファーストネイムは捨て、ラフカディオというギリシャと「母」に繋がるミドル・ネイムを生涯保持した。筆者は<名>を捨てるというこの心理的節目を「断念」としておきたい。この頃ハーンは絶望の中で辛くも耐え、理想ではなくニヒリスティックなリアリズムが働いていたと考えられる。このニヒリスティックなリアリズムはアニミズムの世界に繋がっている。ハーンがゴースト的、霊的な実在にコミットして『怪談』など後に再話文学を創作していく所以である。
 思うにハーンは楕円を髣髴とさせてくれる二焦点モデルで説明できると思われる。一つの焦点はバーナキュラーな土着的、風土的、神秘的な視点である。これはこの世ならざるゴーストや妖精の世界に繋がる。ハーンの「三つ子の魂百まで」の世界を形成していたギリシャやアイルランドの土着的神秘主義的世界は民俗学的な世界に繋がっている。これはその土地ならではの文化の力となるものである。今一つは合理的、科学的な視点である。ハーンが記者として科学評論の記事を多く書き、教え子や息子一雄の将来についてのアドバイスは実学、実用的な仕事につくように勧めているのはこの視点が働いていた結果である。そしてこれは国境を越えるグローバルな文明を作り上げる力となるものである。西洋文明とは概ね後者の合理的、科学的な視点を機軸として築かれたものであった。これに対して非西洋とは土着的、風土的、神秘的、そして神話的な視点を機軸として成り立っている。ハーンはこの二つの焦点が鬩ぎ合いながらどちらかといえばギリシャやケルトの文化に繋がって言葉(作品)を発していったのである。このように考えるとハーンの移民船による西洋(ヨーロッパ)脱出は非西洋(クレオールのフランス領西印度諸島のマルティニク島や日本)への積極的な門出の一歩であったように思われる。

西川盛雄氏(2009年11月14日)

西川盛雄氏(2009年11月14日)


市民講座の様子(2009年11月14日)

市民講座の様子(2009年11月14日)

ハーンが書かなかった作品(Lafcadio Hearn’s Unwritten Works)

アラン・ローゼン(Alan Rosen)(熊本大学准教授)

2009年(第11期)市民講座「ラフカディオ・ハーンとアイルランド文化」(5回シリーズの第4回)

熊本大学五高記念館

本講座を音声(mp3)でお聴きになれます。 

 

IN THE UNITED STATES
1. Collection of musical legends.
“I have been thinking that we might some day, together, work up a charming collection of musical legends: each legend followed by a specimen-melody, with learned discussion by H. Edward Krehbiel. But that will be for the days when we shall be ‘well-known and highly esteemed authors.’” (New Orleans 1883)

2. Financial novel.
The houses eleven stories high, that seem trying to climb into the moon, -the tremendous streets and roads, -the cascading thunder of the awful torrent of life, the sense of wealth-force and mind-power that oppresses the stranger here, -all these form so colossal a contrast with the inert and warmly colored Southern life that I know not how to express my impression. I can only think that I have found superb material for a future story, in which the influence of New York on a Southern mind may be described. … (Letters from the Raven 85-6; my emphasis)
But he eventually gave up this idea. Why?
But in such great cities [New York, London] I do not think a literary man can write any literature. …. Society withers him up–unless he have been born into the manner of it; and the complexities of the vast life about him he never could learn. Fancy a good romance about Wall Street-so written that the public could understand it! There is. of course, a tremendous romance there; but only a financier can really know the machinely, and his knowledge is technical. (XIV 292-93; my emphasis)

3. Medical novel.
Apropos of a medical novel, again-have you had occasion to remark the fact that among the French, every startling discovery in medicine or those sciences akin to medicine, is almost immediately popularized by a capital story? (XIV 22)
 I don’t like your plot for a medical novel at all. It involves ugliness…. Then your plot is too thin. It has not the beauty nor depth of that simple narrative about a famous painter, or writer-I forget which-whose imagination rendered it impossible for him to complete his medical studies…. He had to abandon medicine for art. A very powerful short sketch might be made of this fact.
 I believe in a medical novel-a wonderful medical novel. We must chat about it. Why not use a fantastic element-anticipate discoveries hoped for-anticipate them so powerfully as to make the reader believe you are enunciating realities? (XIV 62-63)

 

IN JAPAN
1. Article on drinking sake.
I have become what they call a jogo-and find that a love of sake creates a total change in all one’s eating habits and tastes. All the sweet things the geko likes. I cannot bear when taking sake. By the way, what a huge world of etiquette, art, taste, custom, has been developed by sake. An article upon sake-its social rules-its vessels-its physiologlcal effects-in short the whole romance and charm of a Japanese banquet, ought to be written by somebody. I hope to write one some day, but I am still learning. (XIV 160)

2. Article on words.
You recommend me to write an article on words some day. I would like to – from my own limited point of knowledge only; ignorance of philology would here be a great drawback. But it would be infinitely painful, laborious work. Because really the art of placing words is with most of us instinctive. It would be analyzing one’s own sensations and tendencies of imagination; it would be nearly as hard as to write another “Alice in Wonderland.” (XV 441-42)

3. Book on Japanese folklore.
“Professor Chamberlain and I have a secret project in hand-a book on Japanese folk-lore.” (Ellwood Hendrick, July 1893, XIV 236)

4. Article on the disappearance of the gods.
There are no ghosts, no angels and demons and gods: all are dead. The world of electricity, steam, mathematics, is blank and cold and void. No man can even write about it. Who can find a speck of romance in it? … The Protestant world has become bald and cold as a meeting-house. The ghosts are gone. Sometimes I think of writing a paper to be called “The Vanishing of the Gods.” (Chamberlain, December 1893, XVI 84)

5. Article on Japan’s “open ports.”
Coming out of my solitude of nearly five years to stand on the deck of the Kobe Maru on the 10th, I felt afraid, I saw myself again among giants. Everything seemed huge, full of force, dignity, massive potentialities divined but vaguely. A sudden sense of the meaning of that civilization I had been so long decrying and arguing against … came upon me crushingly. … How small suddenly my little Japan became!-how lonesome! What a joy to feel the West! (Yokohama, 15 July 1894, to Chamberlain, reprinted in Allen, 277)
I have received from the gods inspiration for a paper-the Romance of the Open Ports-or, perhaps, the morality of the open ports. … I could startle the world with a paper on the ideas that came to me the other day.
… In the brief time since I got on the Kobe Maru I have learned so many astonishing things … . My imaginary hard-fisted and cold-hearted businessmen of the colonies vanish away-phantoms only; and in their places what warm human realities appear! Really there is a vast romance to be written here in a few words-with help of thoughts and illustrations from evolutional philosophy. Really, I must try later to get into this exiled Western life, and love it, and study it, and tell all the beautiful things there are in it … . (Tokyo, 17 July 1894 to Chamberlain, reprinted in Allen. 278)

6. Article on Japanese drama.
Father used to express his desire to write on Japanese ‘No’ (a type of drama) and the theatre. At the time when Dr. Tsubouchi was praising ‘Ten-no-Amishima’ of Chikamatsu, father was asked about translating them, with the view to introducing them to foreign countries. But the plot of the story, where a man leaves his wife and child to elope with another woman, was against his belief, so he declined to undertake it (Father and I, 10)

7. Article on inter-racial marriage.
Father, one day, remarked to mother about the bad results from marriage of close relatives. But inter-racial marriage produced bad results too, he thought He was thinking of writing on the subject to a foreign paper. When he consulted his wife, she replied. ‘You are a product of inter-racial marriage-but are you a poor product?’ He replied, ‘At times I think I am a very poor result, almost a waste. This is a result of a very distant inter-racial marriage, I think. So, I just thought that I would write about.’ ‘But,’ mother said, ‘you write about such a thing, but you and I are two different races and what about our children? Is it right to acclaim to the world the poor product of such a marriage?’ He said to her, ‘Do you think so?’ and he tore up his manuscript. I think of that manuscript now and imagine all sorts of things. (Father and I, 13)

There is abundant proof, alike furnished by the intermarriages of human races and by the interbreeding of animals, that when the varieties mingled diverge beyond a certain slight degree the result is inevitably a bad one in the long run. . . . -there arise an incalculable mixture of traits, and what may be called a chaotic constitution. (Letter from Herbert Spencer to Baron Kaneko Kentaro, August 1892, XII 461)

アイルランドの教育 ~その歴史と現状~

和田英武(崇城大学非常勤講師(元教授))
2009年(第11期)市民講座「ラフカディオ・ハーンとアイルランド文化」(5回シリーズの第3回)
小泉八雲熊本旧居

 こんにちは! 崇城大学非常勤講師の和田です。本日は、表題のようにアイルランドの教育、特にその初等及び中等教育について話をさせて頂きます。

1 我国におけるアイルランド研究について
 アイルランドは、日本から見るとイギリスのさらに西の方にあり、我国ではあまり知られておりません。しかし、我国では戦前からアイルランドについての研究は進められていたんですね。それは、日本が日清・日露戦争の頃より大陸進出をして、多くの異民族を日本帝国の中に抱えるようになり、それらの民族を如何にうまく統治していくのかということが当時大きな課題となっていたからです。すなわち、その課題を解決するために、我国は、当時の大英帝国のアイルランド統治から何かを学ぼうとしていたのです。このアイルランド研究の大半は、日本帝国主義政策を推進するものでしたが、戦後、東大総長になられた矢内原忠雄氏(1893~1961)の研究は、当時としては珍しいアイルランド人の側に立つ研究であり今日でも高く評価されています。皆様も何かの機会に氏の著作を読まれると良いと思います。

2 イギリスの植民政策により苦しんだアイルランド人
 本日のテーマは、アイルランドの教育についてですが、その前に教育の背景の1つである「イギリスの植民地としてのアイルランドの歴史」について簡単に触れておきます。
 アイルランドは、12世紀のイギリス国王ヘンリⅡ世(1133~89)の頃よりその支配を受け、その後数多くのイギリスの国王や支配者によって侵略を受け植民地化されました。その中でも特にオリーヴァ=クロムウェル(1599~1658)の侵略は激しく残酷だったと言われています。彼は、我国の高校の世界史では、清教徒革命の指導者、近代化の祖、正義の人として英雄視されています。しかし、アイルランドでは極悪人として全く反対の評価を受けています。いずれにせよ、イギリスによる支配は過酷でアイルランド人はカトリック教の信仰を禁止され、土地を奪われ貧困と差別に苦しみました。
 1800年になるとイギリス・アイルランド連合法が成立し、翌年、アイルランドは法的に完全にイギリス帝国に併合されてしまいました。併合した後のイギリス政府は、懐柔策と弾圧策を繰り返しながらアイルランドを支配してきました。これに対して、アイルランド人は、次第に組織的な抵抗運動を行うようになってきました。その先駆けをなした人物が、ダニエル=オコンネル(1775~1847)という人物です。彼は、いわばアイルランド独立の父とでも言える人です。現在のダブリン市の中央の大きな通りをオコンネル通りと呼び、その中央に彼の大きな像が建っています。彼は、今でもアイルランドの多くの人々から尊敬されています。
 1845~48年には有名な大飢饉がアイルランドを襲い、ただでさえ苦しかったのに一般庶民の生活はますます苦しくなり、彼らは塗炭の苦しみを味わいました。その時約100万人が死亡し、約120万人が外国へ移民したと言われています。このような状況の中で特に悲惨だったのは、19世紀半ばころに約10万人もいたと言われている小農民たちでした。彼らは、15エーカ以下の借地を持ち、農業や漁業及び海藻集めなどに従事し、生計を移民した子どもたちからの送金で補い、重い地代を払っていました。もし、地代を払えなければ、追い立てを受けました。最近のアイルランドの高等学校の歴史教科書には、多数の警察を伴った地主による追い立てを受け、家から引きずりだされる農民の姿が描かれています。その姿はあまりにも悲惨であり、それを見るとき我々は涙せずにはおれません。
 このような状況のもと、その後数多くの民族独立運動が頻発するようになりました。まさに、19世紀後半以降はアイルランドにとって自治権獲得ないしは民族独立運動の時代であったと言えるでしょう。その中で特に有名なのは、非合法的な独立運動を行ったIRB(アイルランド共和兄弟団)の武力団であるフィニアン(Fenian)たちでした。彼らは、他の集団と共に1916年にイースター蜂起を決行し、1919~21年には独立戦争を戦いました。彼らの長い苦しい戦いの末、アイルランドは遂に1922年に自由国となりました。しかし、その後も内乱が続きました。それをなんとか克服したアイルランドは、ようやく1949年にイギリスから完全に独立を遂げることが出来、今日のアイルランド共和国の誕生に至ったのです。

3 昔から教育に熱心だったアイルランド人
 アイルランド人は、昔からとても教育に熱心だったと言われています。例えば、アイルランドでは、既に6世紀ころから吟遊詩人学校や修道院学校が発達していました。この中でも修道院学校は、数も多く当時「西欧世界の教育センター」と呼ばれていました。
 その後16世紀から19世紀前半にかけて、イギリス国王や議会の息のかかったいろいろな学校が誕生するようになりました。具体的には、それらは教区学校、司教区学校、王立学校やチャーター=スクールなどです。これらの学校は、いろいろな事情で誕生して、それぞれ性格が異なっている面もありましたが、大局的にはいずれも、イギリス人によるアイルランド人支配を促進しようとする学校でした。すなわち、これらの学校はアイルランド人の子どもたちに英語を話させ、イギリスの秩序や習慣を学ばせ、イギリス国教会のプロテスタントを信仰させようとするものでした。従って、これらの学校は、いずれもカトリック教徒の多いアイルランドの庶民階級にはあまり人気がなく、その数も僅かでした。
 その他、19世紀になると聖書協会と呼ばれる国家の支援を受けたプロテスタント系の宗教団体から多くの援助を受けっている学校が誕生しました。特にキルディア地区協会の援助を受けた学校は、1831年には1,621校となり、生徒数は137,639人となっていました。これは、協会が最初は宗教的に中立の立場を取っていたからです。しかし、後にだんだんとその協会が住民にプロテスタントを強要するようになると住民はそれから離れていくようになりました。
 この他、今まで見てきた学校とは全く異なる垣根学校(hedge school)という学校があり、それは国家の支援を全く受けずアイルランドの庶民に広く受け入れられていました。この学校は、1695年に発布された刑罰法による厳しい弾圧の下で、非合法的に営まれており、一般的には学校の周りを溝や垣根で囲み、非常に小さな部屋で、時には納屋の隠れ屋よりもっと小さな教室で、見張りの子どもを置きながら、非常に貧しい教師が教えていました。教師は、ときどき巡回し、家に住み込み、見返りにその子どもたちを教えていました。家を提供しないその他の親はわずかの授業料を硬貨か物品を支払うという状態でした。この学校では、1820年代の半ばまでに30万人から40万人の生徒が学んでいたと、アケンソンという学者は推測しています。このことから、如何にこの学校が庶民階級に人気があったのか分かると思います。また、如何にアイルランド人が教育に熱心であったかが、分かると思います。
 アイルランドを統合した後のイギリス政府や議会は、それまでの反省から1831年に国民学校(national school)を誕生させました。この学校は、アイルランドの教育史にとってとても重要なものと私は考えています。何故かと言えば、それは、国家が支援する学校でありながら、庶民階級のための教育も行おうとしていたからです。私は、ここにアイルランドの近代的な公教育が始まったと考えています。この学校は、その後それまでプロテスタントが支配していた学校から、庶民の多くが信仰しているカトリック教の声に次第に耳を傾ける学校となっていきました。この学校は、最初のうちは数も少なく、就学する生徒数も少なかったのですが、年を追うに従って増えていき、盛衰を繰り返しながらも長く貧しい植民地時代を生き続け、今日ではアイルランドの初等教育の根幹をなしています。
 なお、アイルランドでは、植民地時代にはあまり中等教育は発達しませんでした。というのは、1695年の刑罰法によりカトリック教徒の教育が禁止されていたからです。そのため、高い教育を受けたい若者は、海外に渡り海外のアイルランド人が設立したカレッジで非合法的に学んでいました。しかし、18世紀後半の救貧法によりカトリック教徒の教育が許されると、教会や修道会により上級学校が設立され中等教育も行われるようになりました。ただ、これはあまり多くはありませんでした。

4 1960年代から発達したアイルランドの教育
 1922年に自由国となり、さっそく新しい国作りが始まりました。その一環として、1924年には教育省が設立され、1926年には義務教育も始まりました。
 しかし、アイルランドの教育の本格的な発展は、1949年に共和国となった後の1960年代以後です。アイルランドでは1960年代以後急激に経済が発展し、それに伴って教育も急激に発展しました。そのとき成立した諸々の教育制度が現在のアイルランドの教育制度の基盤となっています。この時期には、教育省は組織を整え機能を拡大させ、初等・中等教育のほとんどの分野に強い影響を及ぼすようになってきました。その結果、1967年には義務教育の無償化が実施され、義務教育年齢の就学率も1992年の時点で99.9%となってきました。また、中等教育も整備され、現在約60%の生徒が通う中等学校は勿論のこと、他に職業学校、総合学校、地域学校など新しいタイプの学校が誕生しました。

5 最近のアイルランドの教育の動向
 次に、最近のアイルランドの教育の幾つかの動向について触れてみたいと思います。
 その1つは、教育省内のスリム化が行われているということです。1960年代以後の教育省は、教育の広範囲な業務を抱え込んでしまいました。従って、それは、激しい時代の変化に対応出来なくなったのです。そこから、それを出来るだけスリム化しようということになったのです。そのために諸々の改革が行われました。まず、1997年に「教育省」という名称を「教育科学省」に変えました。そして、それまで教育省内にあった諸機能を分離独立させ、それらをパートナー制度として教育科学省に協力させることにしたのです。このパ-トナーには、国家試験委員会など全部で27あります。その他、学校現場を直接支援する学校管理委員会等のパートナー制度も多数出現しました。
 2つ目は、カトリック教の教育に対する影響が、近年薄らいできているということです。実はアイルランドの教育は、先に述べました国民学校の時代からカトリック教会の力がかなり及んでいたのです。表面的には、国家の力が強く支配的に見えましたけれども、現場の学校の創設者や経営者及び教師は、教会の支配を強く受けていたのです。特にその傾向は、中等教育において顕著でした。その傾向は、近年まで続いていたのです。しかし、最近は若者をはじめ、大人も宗教から離れつつあります。従って、カトリック教の教育への影響は薄らいでいるのです。
 3つ目は、中等教育のシニア課程(日本の高校)の第3学年での「移行年」制度の普及です。この制度は、シニア課程の最終学年で1年間じっくりと自分の将来を考えるために設けられた制度です。そのため、生徒は自分の進路に合わせていろいろな社会体験や勉強をするのです。なかなかユニークな制度だと思います。この制度を採用する学校は、シニア課程が3年間ということになり、もしそれを採用しなければその学校は2年間ということになります。最近は、かなりのシニア課程がこの制度を採用しています。
 4つ目は、中等教育段階で全国的な公的試験が行われているということです。我国では学習指導要領によって学校教育の内容や方法の大枠が決められているため、北海道から沖縄まで大体似たような教育が行われ、一定の教育水準が保たれています。しかし、アイルランドでは、我国のように文部科学省が出している学習指導要領というものはないのです。その代わり、公的試験が行われ、一定の教育水準を保とうとしているのです。この試験には、ジュニア認定試験とシニア認定試験とがあります。最近ではこの試験は、生徒の実態に合わせ、いろいろと細分化が行われています。

6 アイルランドの教育史から学ぶもの
 最後に、今まで見てきましたアイルランドの教育史から何を学ぶべきか、この点について私の考えを2点ほど述べてみたいと思います。
 その第1は、国及び社会の発展の裏には教育への情熱があるということです。1960年代以後、アイルランドはハイテク産業を中心として経済的に急激な発展を遂げ、ごく最近まで「ケルティック・タイガー」と呼ばれていました。こう呼ばれるようになった原因にはいろいろ考えられますが、その中の1つにアイルランド古来の教育の発展、すなわち、教育への情熱があったと思います。アイルランドの教育史は、そのことをよく示しています。
 第2は、一般庶民の声に耳を傾けない教育は発展しないということです。確かに、アイルランドでは昔から諸々の学校が存在していました。しかし、庶民の声を無視したイギリスの植民地主義の教育は、アイルランドでは受け入れられなかったのです。それに反し、垣根学校や国民学校が庶民の声に耳を傾けるようになると、庶民は貧困に喘ぎながらもそれを受け入れるようになりました。しかも、それが1つの大きな原因となり、今日のアイルランドの繁栄を生みだしたと言っても過言ではないと思います。まさに、教育は庶民の声を聞くべきだと思います。

以上で、本日の私の拙い話は終わります。ご清聴ありがとうございました。

和田英武氏

和田英武氏