ハーン読書会・トークの会「『耳なし芳一のはなし』を原文(英文)で読む」のお知らせ

熊本八雲会の主催で、「『耳なし芳一のはなし』を原文(英文)で読む」と題し、ハーン読書会・トークの会が開催されます。

ハーン作品、とくに『怪談』の世界をアメリカ人の先生とともに原文で読んでみるということ、今回は「耳なし芳一のはなし」です。原文のリズム、躍動感など、内容解説とともに翻訳とはまた違った本来のハーン作品の味わい方があると思います。

3月末はやや暖かくなっていると思います。皆様ぜひお越しください。

  • 日時:2019年3月31日(日) 14時00分~15時30分
  • 場所:小泉八雲熊本旧居(096-354-7842, 熊本市中央区安政町2-6)
  • 演題:『耳なし芳一のはなし』を原文(英文)で読む
  • 講師:本田憲之助氏(熊本八雲会、ジェーンズの会会員)、パトリック・ベンケ氏(九州ルーテル学院大学准教授)
  • 費用:入館料・受講料ともに無料

お問い合わせは熊本八雲会096-362-6651、または本田憲之助氏096-385-2645、kenhonda*jcom.zaq.ne.jp(*を@に変更して送信してください)まで。

ハーン作品トークの会「ハーン作品を英語で読むII 願望成就 “A Wish Fulfilled”」のお知らせ

熊本八雲会の主催で、「ハーン作品を英語で読むII 願望成就 “A Wish Fulfilled”」と題し、ハーン作品トークの会が開催されます。

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、熊本を舞台に執筆した作品に「願望成就 “A Wish Fulfilled” (「東の国から」所収)」があります。日清戦争が始まり、軍人であふれている熊本の街。本妙寺では、加藤清正の霊に加護を祈る法会がいとなまれました。ある日、軍服を着た昔の教え子が出征のためハーン宅に別れの挨拶に訪れました。二人で「死」について論じあいながら、日本人の心を探し求めた作品です。今回は本田&Patrick Bencke(九州ルーテル学院大学)両講師の先生に英語朗読と解説をしていただき、西洋と日本の心の新たな内面を見出し、楽しい時間につなげていただければ幸いです。

  • 日時:2015年2月22日(日) 14時00分~16時00分
  • 場所:小泉八雲熊本旧居(096-354-7842, 熊本市中央区安政町2-6)
  • 演題:「ハーン作品を英語で読むII 願望成就 “A Wish Fulfilled”」
  • 講師:本田憲之助氏(日本英学史学会事務局長)・Patrick Bencke氏(九州ルーテル学院大学准教授)
  • 費用:入館料 高校生以上 200円、小・中学生 100円(★注)

参加申し込みは不要です。直接会場へお越しください。お問い合わせは熊本市文化振興課096-328-2039まで。

(★注)熊本市内の小・中学生、65歳以上の方、障がいのある方は、名札、年齢の分かるもの、障害者手帳の提示で入館料が無料となります