小泉八雲略歴

小泉八雲略歴
西暦 和暦 経歴
1850年 嘉永3年 6月27日ギリシアで生まれる。次男。
父はアイルランド人、母はギリシャ人
1855年 安政2年 ダブリンの大叔母に引き取られる
1857年 安政4年 父母の離婚
1866年 慶応2年 この頃、事故により左眼失明
1869年 明治2年 アメリカに渡り新聞記者として活躍
1890年 明治23年 ニューヨーク、ハーパー社の記者として来日。
島根県尋常中学校の英語教師となる
1891年 明治24年 2月小泉セツと結婚。
11月第五高等中学校(熊本大学)英語教師として来熊
1893年 明治26年 長男一雄誕生
1894年 明治27年 神戸クロニクル社(英字新聞社)に勤務
1896年 明治29年 日本に帰化し、小泉八雲と名乗る。
東京帝国大学(東京大学)英文科講師となる
1897年 明治30年 次男巌誕生
1899年 明治32年 三男清誕生
1903年 明治36年 東京帝国大学(東京大学)英文科講師を退官。
長女寿々子誕生
1904年 明治37年 早稲田大学教員となる。
9月26日心臓発作のため逝去(54歳)

小泉八雲はギリシアで生まれたアイルランド人です。本名は(Patrick) Lafcadio Hearn。島根県尋常中学校教師の時、小泉セツと結婚、のち日本に帰化して小泉八雲と名乗りました。
1891(明治24)年11月に第五高等中学校の英語教師として熊本に来ました。熊本時代の作品には「知られぬ日本の面影」「心」「東の国から」などがあります。
次の言葉は1894(明治27)年1月27日、小泉八雲が第五高等中学校で行った講演「極東の将来」の結語部分です。「The future of greatness of Japan will depend on the preservation of that Kyushu or Kumamoto spirit, the love of what is plain and good and simple, and the hatred of useless luxury and extravagance in life.」(日本の将来が偉大になれるかどうかは、かの九州あるいは熊本精神、すなわち簡易、善良、素朴を愛して、日常の無用な贅沢と浪費を憎む心を保存することかかっている。)

第48回九州詩人祭熊本大会のお知らせ

熊本県詩人会の主催、熊本県文化協会の共催で、第48回九州詩人祭熊本大会が開催されます。大会プログラムはアイルランド伝統音楽の演奏、文学講演会、九州の詩人たちによる朗読会です。6年ぶりの熊本大会。一般の方の参加もお待ちしています。熊本アイルランド協会はこの大会を後援しています。

  • 名称:第48回九州詩人祭熊本大会
  • 日時:2018年10月27日(土) 13時00分から17時00分まで
  • 場所:ネストホテル熊本(熊本市中央区辛島町4-39、096-312-1616)
  • プログラム
    • 12:00 受付・開場
    • 13:00 開会・アイルランド伝統音楽の演奏(バンド「キョールトリ」)
    • 13:30 第1部 文学講演会 「ハーンとアイルランドの詩人たち」(西川盛雄氏)
    • 15:50 第2部 九州の詩人たちによる朗読会(各県代表による自作詩の朗読)
    • 17:00 閉会
  • 参加費:1,000円(事前申込みは不要です。当日会場へお越しください。)

お問い合わせは本馬(080-3957-0117)まで。


文学講演会「ハーンとアイルランドの詩人たち」

《講師からのメッセージ》

ハーンは、母親はギリシャ人、父親はアイルランド系イギリス人。ギリシャには神話があり、アイルランドには妖精が息づいている。周囲には命の源である水(海)がある。アイルランドにはケルトの伝統があり、妖精、精霊、土着の神々など超自然の存在が身近にある。国としては悲哀の道をたどった。

詩魂の伝承と語り(朗読)はケルトの人々にこそふさわしい。ここではアイルランド文芸復興に関わり、ハーンとも交流のあった詩人W.B.イェイツやJ.ジョイス、O.ワイルド、J.M.シング、S.ヒーニーなどに触れてみたい。

《プロフィール》西川盛雄氏

1943年5月、神戸市生まれ、熊本大学客員・名誉教授。詩誌『アンブロシア』所属。熊本八雲会代表。詩集『半月』『ことづて』。歌集『魚歌喪失』『風の行方』。対訳『小泉八雲作品抄』(共著)。短歌英訳『グランドゼロの歌』。


アイルランド伝統音楽の演奏

《プロフィール》バンド「キョールトリ」

「キョールトリ」とは、ゲール語で「音楽家」という意味。楽譜が発明される遥か昔から口伝で受け継がれてきたアイルランドの伝統音楽。これに惹かれた仲間が自然と集まりはや十数年、地道にコツコツ楽しんでいます。

《演奏曲》

アイルランド伝統音楽は、よくダンスの伴奏として使われます。ジグやリールといった軽快なリズム曲に、ゆったりとしたエアー曲を加えて演奏します。

第48回九州詩人祭熊本大会

第48回九州詩人祭熊本大会

くまにちコムで清和文楽ギリシャ公演をご紹介いただきました

熊本日日新聞の公式サイト「くまにちコム」で、清和文楽ギリシャ公演をご紹介いただきました。
清和文楽、ギリシャへ ハーン生誕地で公演
熊本日日新聞2014年6月3日朝刊1面にも掲載されています。

講演と朗読「ハーンとギリシャ」のお知らせ(終了)

講演と朗読「ハーンとギリシャ」は終了しました。ご来場ありがとうございます。

熊本アイルランド協会と熊本八雲会の主催で、「ハーンとギリシャ」と題し、講演と朗読が開催されます。

講演と朗読「ハーンとギリシャ」

詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

ハーンとギリシャ

ハーンとギリシャ