熊本大学公開講座「ハーンと漱石の足跡(あしあと)」のお知らせ

熊本大学学術資料調査研究推進室熊本大学附属図書館の主催で、「ハーンと漱石の足跡(あしあと)」と題し公開講座が開講します。ぜひこの機会に、熊本にゆかりのある文豪ラフカディオ・ハーンと夏目漱石について楽しく学び、理解を深めてみませんか。

  • 講座名 ハーンと漱石の足跡(あしあと)
  • 日時 2017年11月24日(金) 12:50-14:20
  • 場所 熊本大学附属図書館(中央館)
  • パネリスト 濱田明氏、長尾悟氏、坂元昌樹氏・西槇偉氏、西川盛雄氏
  • 司会進行 池田志郎氏
  • 入場無料(興味があるかたはどなたでも)

詳しくは熊本大学学術資料調査研究推進室「ハーンと漱石の足跡(あしあと)」を開催します【11/24】をご覧ください。

小泉八雲熊本旧居の通常公開が再開されています

注目

2016(平成28)年熊本地震の影響により、昨年9月1日以降、庭園及び玄関先から一部屋のみを公開しておりました小泉八雲熊本旧居につきまして、復旧工事が完了したため、本日2017(平成29)年10月6日(金)より通常公開が再開されています。また、被災当時の状況や復旧工事について、本日記念館にて説明会が実施されました。

お問い合わせは熊本市文化振興課(096-328-2039)まで。

市民講座『ハーンの遺作「日本 一つの試論」』のお知らせ(終了)

市民講座『ハーンの遺作「日本 一つの試論」』は終了しました。ご聴講くださりありがとうございます。

『ハーンの遺作「日本 一つの試論」』と題し、坂本弘敏氏による市民講座を開講いたします。受講申し込みは不要ですので、お気軽にお越しください。駐車場が少ないため、公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

ハーン会心の自信作「日本 一つの試論」は、神道を主軸にして日本社会の形成と特徴を論述し、生きる上での示唆や手がかりを提供しております。生涯の研究テーマでもあった神道や仏教をハーンはどう理解し、西欧にどう発信したのかについて逸話を交えながら、ご一緒に考えてみたいと思います。

八雲忌(小泉八雲の作品朗読)のお知らせ

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の命日(9月26日)を偲び9月24日(日)に「八雲忌」が開催されます。八雲忌は例年、安政町にある「小泉八雲熊本旧居」にて開催しておりますが、2016年4月の熊本地震により旧居が被害を受けましたため、会場を変更し行います。
万障お繰り合わせの上、ご出席いただきますようご案内申し上げます。

  • 日時:2017年9月24日(日) 19時00分~ (18時30分開場)
  • 場所:くまもと県民交流館パレア10階和室(096-355-4300, 熊本市中央区手取本町8-9)
  • 主催:小泉八雲熊本旧居保存会(事務局:熊本市文化振興課)
  • 内容:小泉八雲の作品朗読
  • 出演:熊本朗読研究会
  • 費用:無料(申込不要、直接ご来場ください)
  • 備考:提携の駐車場はございませんので、近隣の駐車場をご利用ください
  • リンク:熊本市役所ページ「八雲忌を開催します!

お問い合わせは小泉八雲熊本旧居保存会(事務局:熊本市文化振興課)(096-328-2039)まで。

「ジェーンズの会」の講演会のお知らせ

ジェーンズの会が次の講演を開講いたします。

  • 日時:2017年5月14日(日) 14時00分~
  • 場所:熊本市青年会館(熊本市中央区出水2-7-1)
  • 演題1:「ハーンが高く評価した浮田和民」熊本大学名誉教授 西川盛雄氏
  • 演題2:「国際派として活躍した辻豊吉」ジェーンズの会役員 古江睦明氏
  • 受講料:無料
  • 問い合わせ:本田憲之助 090-8582-9773